日本の茶室は訪問者に25,000ドルのアンティークボウルから飲ませます-THAIFRX.com

(CNN)— 古代日本の伝統に参加して、25,000ドルのアンティークボウルを飲み、70年代の「オースティンパワーズ」の雰囲気を体験してください。

東京の谷中地区にある大久保ギャラリーでは、アンティークディーラーの大久保光とその家族がユニークで伝統的な日本の茶道体験を提供しているので、誰でも体験に参加できます。 それらは新しいボウルから300年以上前のものまであり、25,000ドル相当の最も古い博物館品質の作品のいくつかがあります。

ギャラリーの背後にある考え方は、訪問者が茶道の日本のマスターがそれを持っているように、ボウルに触れて飲み物を味わうことができるようになるということです。 そして手頃な価格でそれは一般の人々がアクセスできる芸術と物語です。

もちろん、18世紀に25,000ドルのボウルをあきらめたらどうなるかを考えて汗を流しているのであれば、現代的な選択肢があります。

静かな通りからギャラリーに入ると、小さな1階にカップ、ボウル、プレートが飾られています。 大久保の娘・敦子が隣の部屋から出てきて、来場者を迎え、しっかりと2階畳の部屋へと案内してくれる。 茶道の伝統的な場所です

下の地面に椅子を固定した西洋人の訪問者のための宿泊施設があります。 したがって、日本の伝統に従って、訪問者は床に足を組んで座る必要はありません。 そして、あなたがそれを知らなければ、それは非常に苦痛になる可能性があります。

隣の小さな部屋で、茶碗は4段の棚に置かれました。 それはあなたの選択です、敦子は英語で説明します。 次に、年齢、産地、認定されたお茶の専門家など、各ボウルに関する興味深い詳細を強調します。

大久保敦子は、日本の茶道でお客様が選ぶ伝統的な家族の茶碗を紹介します。

大久保敦子は、日本の茶道でお客様が選ぶ伝統的な家族の茶碗を紹介します。

ブラッドレンドン/CNN

これらの古代のボウルをアクセシブルにすることは、敦子のアイデアでした。

骨董屋として彼の父はたくさん蓄積していた。 しかし、ギャラリーでの販売は遅いです。 そして、ほとんどのボウルは隠されています。 彼らの箱はほこりを集め、誰も喜ばない。 敦子は、茶道に彼らを雇うことで、家業が他の茶道よりも際立つと信じていました。 日本への訪問者のためにさらに数十。

しかし、彼の父はボウルの世話をしました。 そして、彼はこれらのボウルについての詳細を喜んで追加します。 別の目的のために設計されたベルギーからの暗くて広い傘があります。 しかし、お茶の専門家はそれを式典に適した選択だと考えています。

または、鮮やかな色の円、正方形、三角形のライトボウル。 1970年代に作られたようで、アニメーション映画のオースティンパワーズが飲んでいるのが想像できます。

それが特別な理由だと、大久保みつすろさんは言います。古いものと新しいものを組み合わせたものです。 まだ50年しか経っていませんが、それでも約15,000ドルの価値があります。

大久保敦子が茶道を行います。

大久保敦子が茶道を行います。

ブラッドレンドン/CNN

大久保は、訓練を受けていない観察者に約200年前の別のボウルを見せた。 いくつかの欠陥があるようです。 非対称で色あせています。

「欠陥は人間です」と大久保は言います、そしてそれがこのボウルを数千ドルの価値があるものにします。

彼は今日別のボウルを見せました、それは美しいですが完璧でした。 それは約100ドルの価値があります。

「ロボットに最適です。このボウルはロボットです」と彼は言いました。

ボットは変更される可能性があるため、訪問者が25,000ドルのボウルを落とすのを恐れている場合は、これを利用できます。 敦子は子供にも適しているので、両親と経験を共有することができます。 数千ドルの災害を心配しない人。

今日の訪問者は、300年前のボウルと1970年代のボウルを選びます。着物を着た敦子が式典を開始します。

お茶のサービスの前に甘いケーキがあります。

お茶のサービスの前に甘いケーキがあります。

ブラッドレンドン/CNN

彼女は客に直角にひざまずいた。 彼女は整然と注意深くお茶を準備します。

彼女は長い棒の先に木製のひしゃくを使って鍋からお湯を引き出しました。 ミキシングボウルに入れてかき混ぜます。 唯一の音は、彼女の動きと外の鳥のさえずりによって導かれた水でした。

来場者がアジサイの花の形をしたゼリーと味噌で作った甘いケーキを受け取った後。 その後、お茶は選ばれた訪問者のボウルに移され、熱い輝きとして提供されます。

予定されている式典の後、訪問者は片手で高価なボウルを取り、もう一方の手で下に置きます。

味はとても大きく、すべてを網羅しているので、数万ドル相当の陶器が手元にあるという事実を忘れてしまいます。

日本で最高の体験です。

敦子が物資やお椀を丁寧に回収していると、お父さんが階段を上り、来場者一人ひとりが使う手描きの椀や色など、ゲストへのプレゼントを贈りました。 そして、ボウルの起源とその重要性の説明とともに彼らが持っているデザート

驚いたことに、記憶から描くだけの大久保だけが、1970年代の幾何学的なボウルのデザインと完全に一致しています。それは非常に個人的なレベルの芸術です。

骨董屋の大久保光郎が、幸運なゲストにオリジナルの茶碗の絵とその起源の説明を提供します。

骨董屋の大久保光郎が、幸運なゲストにオリジナルの茶碗の絵とその起源の説明を提供します。

ブラッドレンドン/CNN

約90分です。 しかし、数万ドル相当のボウルを振り返ると、地震が発生しやすい国であることに気づかざるを得ません。 そしてしばしば地震の間に壊れたボウルの画像がしばしばあります。 と柱の振られた錠剤

それから?

「地震が起こったとき、私が最初に訪れた場所でした」と敦子は言いました。

あなたがするつもりなら

大久保ギャラリーは水曜日から日曜日の午前11時から午後6時まで営業しています。住所は東京都台東区谷中6-2-40で、鉄道路線の日暮里駅から徒歩約15分です。 数行

茶道の費用はお一人様2,200円(16ドル)で、ご予約をお勧めします。

上の画像:300年前のアンティークボウルで提供される緑茶クレジット:Brad Lendon/CNN。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です