日本の裁判所は、不法侵入と暴行の罪でパウィンの家に20か月間侵入した罪で有罪判決を下しました。

日本の裁判所は、不法侵入と暴行の罪でパウィンの家に20か月間侵入した罪で有罪判決を下しました。

AFPの報道機関は、6月8日、京都地方裁判所が43歳の佐藤達彦容疑者に不法侵入と暴行の罪で懲役20か月の刑を言い渡したと報じた。 ティン、バン・パウィン・チャチャワンフォンファン2019年の日本の学生と政治難民

佐藤容疑者が5月に法廷に出廷し、同じ部屋で寝ていたパウィン氏と夫に催涙ガスを吹きかけた後、判決が下された。

一方、現在京都大学の教授を務めているパビン氏は、日本に敵がいないため、タイの組織はこれを後押ししていると思います。彼は日本本土での政治活動に参加したことがなく、満足していると述べました。判決が下されましたが、攻撃の犯人はまだ調査されていません。

先月の最初の公聴会で、検察官は2年間の懲役を申し出て、共犯者の命令を暴行することは陰謀であると述べた。 パビンは、この攻撃が起こる前に、私は佐藤さんを知らなかったか、会ったことがないと言いました。

「この男は犯罪運動に関与している可能性があります。 BMWが彼を迎えに来るのを待っていたからだ」と語った。さらに、この事件は彼の睡眠障害も引き起こした。彼は家の中に少なくとも5台の監視カメラを設置し、防犯装置と追加の錠を設置することにした。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。