日本の首相は、アジアにおける安全保障の役割を拡大する準備ができていることを発表しました

日本の岸田文雄首相は、国の軍事力を強化する計画を明らかにした。 東南アジア諸国が海上安全を強化するのを助けます

日本の指導者の発表は金曜日に出ました。 これは、毎年恒例のアジア太平洋安全保障会議であるシャングリ・ラダイアログに参加する前の開会のスピーチの一部でした。 今年はシンガポールが主催。

岸田首相は「ウクライナは明日東アジアになる可能性がある」と述べ、台湾問題が東アジアの平和への差し迫った脅威になる可能性があることを指摘する寓話的な声明を発表した。

日本の指導者はまた、東京都が将来の攻撃のために新しい反攻撃兵器を調達することを計画していることを明らかにした。 「岸田の平和へのビジョンこれは日本の外交と安全保障の仕事を強化するのに役立つでしょう。

中国政府が所有する環球時報は、岸田首相の演説に先立って発表された意見書で、「日本は 『危機予防とロシア危機』の口実を使った」と述べ、日本のイニシアチブを批判した。 「アジアで」と述べ、NATOとの共謀でその正当性への道を開き、中国への攻撃を標的にするためだけに同じことを信じるように地域の国々を説得します。

上記の問題に加えて、日本の指導者は北朝鮮についても懸念を表明した。 今年の初めから最大18発のミサイルテストを発射しました。 増え続ける核兵器とミサイル兵器を紹介します。 彼は、北朝鮮に対して行動を起こさなかった国連安全保障理事会に失望を表明した。 決議をやめるためにまだ投票できる国のメンバーがいるからです。

報告書は、政府が国の予算の2%を軍事に割り当てるかどうかについて、現在日本で激しい議論があると述べています。 アナリストによるこのプログラムの実施は、東京都が米国の影から抜け出すための試みです。 第二次世界大戦の終結以来、軍事予算の割り当てを長い間避けてきた後

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。