日本の1月の貿易赤字は2.19兆円で、8年間で最高となった。

ロイター通信によると、日本の財務省は2022年1月の輸出入を発表し、輸出は前年同期比9.6%増の6.33兆円となった。 昨年同期の6.1兆円の輸入に比べて39.6%と、2022年1月の貿易赤字は2.19兆円と8年ぶりの高水準となった。

日本の輸入の増加に寄与する主な要因は、エネルギー価格の継続的な上昇の結果です。 世界的な供給制約に対処するための国内生産者の必要性を含む。 工場は一時休業年末年始のため、生産を減らしました。

もう1つの要因は、中国への商品輸出が前年同期比で5.4%減少したことです。 対照的に、中国からの輸入は23.7%増加し、4か月で最大の増加となりましたが、米国への輸出は11.5%増加しました。

コロナウイルスの蔓延を防ぐための対策が緩和されたため、2021年の第4四半期の日本経済は5.4%成長しました。 しかし、オミクロン株ウイルスの発生以来、アナリストは今年の第1四半期に日本経済の減速を予想するようになりました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。