日本の5月の貿易赤字は2.38兆円で、8年間で最高となった。

ブルームバーグニュースによると、日本の経済省の5月の輸出額は7.25兆円で、前年同期の6.26兆円から15.8%増加した。 昨年、日本は2.38兆円の貿易赤字を記録し、これは8年間で最大の赤字である。

輸出量を押し上げた主な要因は海外受注の増加であり、日本のメーカーでさえサプライチェーンの問題や生産コストの上昇に直面しています。 製品部品供給の制約による中国がCOVID-19の流行に対処した後輸入製品の量を増やす重要な要因についてそれは米国からの石油注文と石炭と液化天然ガスの注文の結果でしたオーストラリア。

米国への輸出品数は、前年同期比で13.6%増加しました。 自動車の輸出は減少したものの、機械の輸出が増加したことによるものです。中国への輸出売上高は、機械の輸出が低迷した後、0.2%減少しました。 多くの中国の都市でのCOVID-19ウイルスの大発生のため

日本政府は、2022年の第2四半期に日本の国内総生産(GDP)が4.1%増加すると予測していますが、円安。 石油と食料の価格上昇による消費者信頼感への影響。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。