日本は、前回の選挙後、女性の国会議員が9.7%に過ぎず、「政治」に「女性」を追加したいと考えています。

2021年10月31日の立法選挙後、45人の日本人女性だけが国会議員に選出されました。これは465人の国会議員の9.7%であり、合計186人の候補者、つまり有権者の17.7%です。 政府は政党に対し、選挙に立候補するためにより多くの女性を派遣するよう求めている。 2025年までに35%の女性が国政選挙に立候補することを目指しています。


衆議院に選出された日本人女性はわずか45人、つまり465人の議員の9.7%であり、合計186人の女性候補者、つまり全候補者の17.7%でした。 画像ソース:gooerror

2021年11月2日、日本の内閣官房長官である松野博一氏は、政府は政党に対し、より多くの女性が国政に立候補するのを支援するよう呼びかけると述べた。 2021年10月31日の衆議院選挙によると、選出された465人の衆議院議員のうち45人だけが女性であり、これは9.7%であり、女性が10.1%で選出された2017年の総選挙より2議席少ない。前回の選挙。

松野氏によると、この女性担当者の数は世界基準ではまだ非常に少ないという。 政治への女性の参加を拡大することは非常に重要です。 世論を政治に統合するために日本の有権者の約52%は女性です。

松野氏は、政府は女性候補者の割合を増やすためにもっと努力するよう政党に呼びかけると述べた。 政府は、デジタルターゲティングなどを通じて、研修資​​料や政党会議中のセクハラ防止などを通じて、政党の男女共同参画を推進する環境を整え、政党を支援します。

10月31日(日)の選挙で、日本の有権者は日本政府の主要政党である自由民主党(LDP)を選びました。 衆議院の過半数を占めるために、岸田文雄首相の自民党は、与党連立を追加しなくても、堅実に安定した過半数として知られているものを確保する。 これにより、自民党が衆議院で法案を簡単に可決できるようになります。

自民党は衆議院の465議席のうち合計261議席を獲得した。 与党であるコメト党(NKP)は、野党で正味32議席を獲得した。民主憲法党(CDP)は、前回の選挙より13議席少ない96議席で最も代表的な野党であり続けるだろう。 日本維新の会(日本維新の会)は、当初の3倍以上の41議席を獲得した。

衆議院選挙は、2018年に日本が政党に同数の男性と女性の候補者を探すことを求める法律を可決して以来初めてですが、実行されているのは186人の女性だけです。 全応募者の17.7%を占め、女性候補者としては史上最高の数です。 しかし、この数字は男性の数字と同じにはほど遠いです。

PLDは衆議院の261人の議員の中から20人の女性を衆議院に選出し、日本の主要な野党であるCDPは13人の女性を衆議院に選出しました。

日本は、世界経済フォーラムの2021年男女格差指数で156か国中120位にランクされています。政府は、2025年までに国政選挙に出馬する女性の割合を35%に増やすという目標を設定しています。

ソースからコンパイル
エンパワーメント法にもかかわらず、衆議院選挙で選出された女性は少なかった(ジャパンタイムズ、2021年11月1日)。
政府。 政党に女性候補者の追加を促す(NHK、2021年11月2日)

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です