日本は、創造経済とシンクロトロン宇宙技術における協力を拡大するためにNITを支援しています

2022年7月17日日曜日12:04p.m.

ラベル:


「アネク」は、文部科学大臣と会談し、宇宙技術、創造経済、シンクロトロンの3つの重要分野で協力を拡大する。日本が全面的に支援する準備ができていることを明らかにした。

2022年7月17日教授 (特別)アネク・ラオサマ高等教育科学研究革新大臣(NIH)が、末松信介教育文化スポーツ科学技術大臣(MEXT)と会談し、公式会談を行いました。 東京のタイ大使、Siriruek Songcivilai教授、国家高等教育委員会の事務次官、および両国の高官と。

アネック教授(特別)は、AWAが日本の文部科学省と協力して、エンジニア、開業医、または光仙を生産するプロジェクトを実施しており、詳細、特にタイ高善研究所の開発について話し合うようになったと述べました。 日本と同じ基準を持っているそれは国の産業部門をサポートするために質の高いタイの労働力の開発になります。 これは、タイと日本の首相が重要なプロジェクトであることに合意したプロジェクトです。

外務大臣はさらに、タイにおける他の3つの重要なプロジェクト、すなわちタイの強みである創造経済についても話し合ったと述べた。 宇宙技術タイが今後5〜6年で宇宙船を月の周りの軌道に送り込もうとしていることと、EEC経済特区に2台目のシンクロトロン機を設置することは、この点で大きな進歩を遂げました。 文部科学大臣は、全面的な支援を提供する準備ができています。 東京にある国際協力機構(JAIKA)の事務所が会合し、JAikaが期間中に完成したタイで2番目のシンクロトロン機の建設を支援するための詳細を検討していることを通知しました。 日本が同様の特性を持つ新しいシンクロトロン機を製造しているように。

-(016)



Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です