日本は、安倍首相が政治家として名誉を与えられる「国葬」を物議を醸している。



日本の人々は、国税予算を使って、安倍晋三前首相の国葬式について議論している。 安倍氏には良いことも悪いこともあるので、議会の審査に合格しませんでした。 恋人と敵の両方がいます。

日本政府は、9月27日に東京の日本武道館で安倍晋三前首相の国葬を行うことを決定した。

内閣は7月22日金曜日にこの問題に投票した。 岸田文雄首相が葬儀委員会の議長を務める。 すべての費用は政府が負担します。 予算は1億円以上と見込まれています。

1967年に亡くなった吉田茂の葬式に続き、第二次世界大戦後の日本史上、元首相にとっては2度目の国葬となる。

安倍さんは射殺されました。 7月8日の奈良でのキャンペーンスピーチ中。


革が好きな人は敷物と同じくらい嫌いですか?

岸田首相は、安倍首相が8年8ヶ月間、国内最長の首相として大きな責任を負い、内外の政策で大きな成果を上げたと述べた。 国葬を組織することはまた、暴力に屈することを拒否することを意味します。 民主主義を守ります

日本の野党は安倍国葬に反対し、この行事は明らかに美徳の政治家へのオマージュであると述べた。 しかし、安倍氏はまだ多くの場合物議を醸しています。 汚職を含むそのような区別は、人々の間でより多くの不和を引き起こすだけです。

自民党(LDP)との連立党であるコメト党でさえ、態度を示さなかった。 党の親組織はバリュークリエーション協会や仏教団体の草加学会だからです。 安倍首相の「平和版」憲法改正に反対

立憲民主党の代表最大の野党は、議会の議論を経ることなく、それは非常に不適切であると内閣の決定を述べた。

日本共産党は、国葬を行うことは、安倍首相の功績を国民に認めることに相当すると述べた。 しかし、安倍首相についてはまだ意見が分かれている。 このように安倍氏のために国葬を組織することは世論に圧力をかける。


日本の野党は、政府には国葬を行う十分な理由がないと指摘した。 安倍首相の批判が無視されるからだ。 善についてしか話せない

「政治家を殺すことは非難する価値のあることです。 しかし、政治活動とは区別されるべきである。そのようなイベントを組織することは、人々が安倍氏に反対することを思いとどまらせるだろう。 政治家として名誉を与えられた。

第二次世界大戦後の第二次国葬

日本帝国政府は1926年に「国葬の取り決め」に関する法律を発行していましたが、戦後は連合国本部によって取り消されました。 現在、日本には国葬法がありません。

大日本帝国時代には、国葬は王室のメンバーのみを対象に行われます。 日露戦争で戦勝した艦隊司令官の東郷平葉次郎と、大日本帝国海軍の提督である山本五十六の2人だけが国葬を行うことを光栄に思っています。 第二次世界大戦中の連合艦隊の司令官

戦後日本政府は、1967年に亡くなった吉田茂首相のために国葬を行っていたが、日本を主権国家として復活させるためにサンフランシスコ条約に調印した。

吉田茂首相の国葬を申し出たのは佐藤江作首相であり、当時は異議はなかった。 吉田茂さんのメリットを両方とも受け入れたからです


「岸田」の背後にある政党

日本のメディアは、岸田首相はもともと安倍氏のために国葬を行うことを考えていなかったと報じました。 このイベントは、州の予算を使わずに「公葬」のスタイルで開催されます。 しかし、党内での安倍首相の二極化が圧力をかけている。 特に麻生太郎前首相は岸田氏に電話をかけた。 岸田氏に安倍氏の国葬を内閣に提案させる

安倍氏と、安倍氏の殺人者が母親に寄付を強要したこの宗派に怒り、家族が破産したと主張する「統一教会」または「ムーニー」との関係を示唆する証拠もあります。 この証拠は、安倍首相の葬儀に反対する声を上げている。

安倍首相の死により岸田首相が勝者となり、自民党が上院選挙で勝利した。 また、他の政党と組み合わせると、上院の3分の2以上が、憲法を変更する動議を認めています。 そして、今後3年間でこれ以上の主要な選挙はありません。 しかし、安倍氏の葬式をめぐる論争は、岸田氏の政治的助言を覆す可能性もある。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。