日本は決定的に中国を3-2で下し、第9回U18チャンピオンシップを獲得しました

日本は0-2に遅れをとったが、それでも中国を3-2で下し、第9回アジア女子U18選手権で優勝した。

2022年6月13日にナコンパトム県のナコンパトム市営スポーツセンターで開催された第14回アジア選手権、18歳未満の女子バレーボール大会は7日目(最終日)の大会であり、大会の結果は次のとおりです。次のように。

フィナーレそれはシリーズの2つの超大国の会合でした。 中国と元チャンピオンの2回のチャンピオンシップで4回優勝し、元チャンピオンの日本で7回連続優勝したのは、1回戦で出場した2人の結果、ボレーを3-0で下した日本だった。

このゲームでは、中国は素晴らしいスタートを切りました。 25-19、28-26で勝ちましたが、日本もまた素晴らしいパフォーマンスを見せ、25-21、25-17を破り、2対2で5セット目を迎えました。彼らは15-13で勝ちました。

試合結果のまとめ日本は中国と19-25、26-28、25-21、25-17、15-13で3-2セット勝ちました 8回連続で優勝し、チームで9回目の優勝。

決勝戦は、3位が韓国大会、4位が2018大会開催国タイ、3位が2018年(1回戦結果を含む)。 彼らは両方とも会い、白い高麗人参の国の女の子の側ですこれは3-0セットを獲得したチームです。

そしてこのゲームでは、両方のチームが楽しい戦いをしています。 そして決勝の5セット前まで決闘しなければならない、韓国は3-2セット17-25、25-14、23-25、25-11、15-9を勝ち取るためにスラッシュしなければならないこの試合のほとんどは、2001年、2017年、2022年に韓国が3位になり、タイの女子が4位に終わった。

中国、日本、韓国、タイもアジアを代表しています。 19歳未満の女の子のための競技バレーボール、世界選手権2023にも参加する

すべての結果の要約
最後の

日本は中国を3-2で下し、19-25、26-28、25-21、25-17、15-13でセットした。

3位決勝
韓国はタイを3-2セット17-25、25-14、23-25、25-11、15-9で破った

5位決勝
台湾はカザフスタンを3-0で下し、25-19、25-13、25-17でセットしました。

決勝7位
イランはウズベキスタンを3-1、セット24-26、25-22、25-15、25-8で破った。

決勝9位
フィリピンがインドを3-0で下したセット25-21、25-19、25-12

結論
1.日本
2.中国
3.韓国
4.タイ語
5.台湾
6.カザフスタン
7.イラン
8.ウズベキスタン
9.フィリピン
10.インド
11.オーストラリア

次の記事は、2022年6月24日から30日までナコンパトム県ナコンパトムの市営スポーツセンターで開催される第3回AVCチャレンジカップ女子バレーボール大会「プリンセスカップ」です。大会に参加したU20チームを派遣します。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です