日本は福島原子力発電所から100万トンの水を投棄することを承認

日本は福島原子力発電所から100万トンの水を投棄することを承認

日本の原子力規制当局は、福島発電所の原子炉の冷却システムから処理水を放出することを政府に許可しました。 2011年の海での100万トン以上の津波被害は7月22日に正式に発表されました。 この水の環境安全性を確認します

報告書によると、処理された冷却システムの水は毎日140立方メートル増加します。 現在、その量は129万トンですが、1年以内に貯蔵スペースが不足するでしょう。 その結果、日本政府は、処理水を放出し、放射性破片をろ過して海に放出することを決定しました。この決定は、国際原子力庁(IAEA)の支持を受けましたが、東京電力は地元の人々の投票を受けなければなりませんでした。彼らがリリースを進めることができる前に人口。

しかし、処理水の放出は中国当局の憤慨を引き起こし、中国外務省のスポークスパーソンから強く批判された。 彼は、環太平洋諸国の地球規模の海洋環境と公衆衛生に関係なく、利己心として解放を攻撃しました。 無責任な行動として特定された

しかし、東京電力は、放射性同位元素トリチウムを除いて、水が国際放射線レベル基準に合格していることを確認しました。 東京電力が数十年にわたって1キロメートルの長さの管を通してゆっくりと水を海に放出することによってトリチウムを安全なレベルに希釈することを計画していることは人間の危険です。

IAEAは、何年もかかるであろう水の放出には長い時間がかかることを確認した。 2023年春に開始されます。国際規格に準拠しています。 環境に影響を与えません

この地域の漁業コミュニティは、水が海に放出された場合、消費者が魚製品を選択できなくなることを以前は恐れていました。 隣国の中国、韓国、環境保護団体のグリーンピースも、放水計画を批判した。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。