日本は6月に観光客に国を開放する準備をしています

長い待ち時間は、1か月または6月にほぼ終わりました。 日本は観光客に国を開放する準備をしています。 開国の準備も、国内の観光産業を後押しすることが期待されています。

日本の岸田文雄首相は、ロンドン訪問中に発言した。 英国は木曜日に、日本がコロナウイルスに対処するための新しい対策を検討することを発表しました。 岸田の言葉はかなり曖昧でした。 なぜなら、G7諸国では、米国、カナダ、ドイツなど、完全にワクチン接種された人は日本に入国できませんが、イタリア、フランス、英国は入国できません。

日本は現在、1日1万人の入国を受け付けていますが、ビジネスマンに限られています。 技術研修生と学生、政府はより多くの人々を受け入れることを検討することができます。 特に、日本に入国できるように追加接種を受けた人。

日本は、ウイルスが世界中に広がるにつれて、2020年2月に封じ込め措置を強化しました。 政府は限られた数の外国人が日本に入るのを許可し、ビジネスマンだけを許可しています。 政府は3月から入国を容易にするための緩和措置を開始したばかりであり、徐々に入国を許可するようになった。 旅行者のカテゴリをさらに拡大します

日本
UnsplashのJanGottweissによる写真

エピデミック前の2019年の外国人入国者数は3200万人に達しました。政府は観光を通じて経済を活性化し、2020年までに4000万人の訪問者を目標に日本への入国を増やすことを目指しています。これも2020年東京と同じ年です。オリンピックは開催されますが、コロナウイルスの大流行とコロナウイルスへの抜本的な対策により、2021年まで延期され、2021年までに外国人観光客数は245,900人に減少しました。 2019年のCOVID前の期間では、この数字は99.2%と大幅に減少しました。

2019年、日本の観光業はGDPあたり3,599億米ドルを生み出し、米国と中国に次ぐ世界第3位の規模になりました。 しかし、コロナウイルスを封じ込めるための厳格な対策により、日本を訪れる外国人観光客は、2019年の約3200万人から昨年は25万人に増加しました。

日本がコロナウイルスのパンデミックに対処するのに苦労しているため、5月の全国的な新たな感染数は1日2万から3万人で、2月初旬の10万人から増加しました。 ジョンズホプキンス大学のデータと比較すると、米国の死亡率は10万人あたり302.5人ですが、日本では死亡率が高くなっています。 人口10万人あたり23.5人のコロナウイルスによる死亡があります。

ソース – 今日の日本フォーブス

FacebookページでBrandInsideニュースをフォローしてください。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です