日本人が「感染」の予防に役立つと信じている5つの栄養素

日本でのオミクロンコロナウイルスに感染した人の数は、毎日数十万人に達しています。 それは日本人をより恐れさせ、自分自身と家族の健康に目を向けさせます。 オミクロンウイルス感染を防ぐための練習は、単にマスクを着用するだけではありません。 手を洗い、口をすすぐ。 しかし、体内から体を強化する免疫システムを強化するための重要な要素の1つは、体の免疫システムを強化するのに役立つ栄養素を含む食品を食べることです。 日本人によると、コロナウイルス感染の予防と重症度の軽減に役立つ栄養素は何ですか?

日本人が信じる食べ物「感染」を防ぐのに役立ちます。

  1. ビタミンA

ビタミンAは、気管、胃腸管、皮膚の粘膜を強化するのに役立ち、ウイルスや細菌の感染症と戦うのに役立つビタミンとして知られています。 ビタミンAが豊富な食品には、卵、チーズ、ブロッコリー、カボチャ、朝顔、ケール、カボチャ、ニンジン、サツマイモ、パパイヤ、マスクメロン、熟したマンゴーなどの黄橙色の果物が含まれます。

  1. ビタミンC

ビタミンCは、体内の皮膚の裏打ちに損傷を与えるフリーラジカルを除去するのに役立ちます。 体内に侵入した外来化学物質を洗い流し、体の免疫システムを高めるのに役立ちますビタミンCが豊富な食品には、オレンジ、グレープフルーツ、イチゴ、トマト、コショウ、ブロッコリーなどがあります。

  1. ビタミンD

ビタミンDは骨を強化する上で重要な役割を果たしています。 免疫細胞の制御を助け、免疫細胞の機能を助けます。 ビタミンDが豊富な食品には、マグロ、サバ、サーモン、イワシなどの脂肪の多い魚、牛乳、乾燥椎茸、卵黄、タラ肝油などがあります。 1日約30分間太陽にさらすと、体がビタミンDを生成するのに役立ちます。

  1. ビタミンE

ビタミンEは免疫細胞の機能を刺激します。 そしてそれは細胞がフリーラジカルによって損傷されるのを防ぐのを助ける抗酸化物質です。 ビタミンEが豊富な食品には、アーモンド、ピーナッツ、クルミ、サツマイモ、アボカド、小麦胚芽、ヒマワリの種などのナッツが含まれます。 ほうれん草など

  1. 亜鉛鉱物

亜鉛は免疫細胞の成長と機能に不可欠なミネラルです。 酸化反応による細胞の破壊を防ぐのに役立ちます亜鉛が豊富な食品には、カキ、カニ、エビ、イワシ、牛肉、豚肉、ケール、アスパラガス、シリアルまたはシリアル製品、卵、乳製品が含まれます。

ワクチン接種をしても、コロナウイルス、オミクロン、その他の株に感染する可能性があります。 さらに、日本では、5歳から11歳の子供に対する予防接種の承認にもかかわらず、親はまだ幼児に予防接種を受けることを奨励していません。 内部から健康を維持することは、すべての種のコロナウイルスから私たちを守るための重要な要素です。 たとえ感染したとしても、強力な免疫システムは病気の重症度を軽減することができます。 重要な栄養素に加えて十分な休息、ストレスが多すぎない、定期的な適度な運動。 毎日の排泄物で腸の環境を大切にすることで、免疫システムを強化し、体を強くしてウイルスと戦う準備を整えます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。