日本初演! 駅で最も便利な医療サービス-ANNGLETH

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、日本の中心都市と地域の間に医学的な隔たりがあると考えています。 そのため、中央線のJR西国分寺駅のホームで、直接・オンラインで治療が受けられる「スマートヘルスステーション」や「スマートクリニック」の医療サービスの推進に取り組んでいます。 2022年4月に開業し、今後も日本各地に事業を拡大していく予定です。

スマートヘルスステーションの起源

2年以上続いているCOVID-19ウイルスの蔓延の状況で、私たちの生活様式は多くの点で変化しました。 感染のリスクが懸念されるため、病院に行くことができません。 または、勤務時間や治療の待ち時間が長すぎるなどの理由で病院に行けないなどの問題があります。 したがって、これは、このCOVID-19の状況に対処するための新しいタイプのオンライン処理サービスのアイデアを生み出しました。

このクリニックは、「ハイブリッドクリニック」のコンセプトであり、労働年齢の人々の「ライフスタイル」とともに、労働時間や労働時間を調整できない問題を抱えていることが多い労働者を支援することに焦点を当てています。 。2022年4月に開業予定で、平日午前8時から午後12時まで午後1時から午後9時まで/土曜日から日曜日まで、祝日は午前9時から午後1時まで開業する予定です。 、午後2時から午後6時対面ケアの場合、これは一般的な内科です。皮膚、耳、鼻、喉の治療、産婦人科などのオンライン治療が現在検討されています。

オンライン処理の利点

ニーズを満たし、今日発生する問題を解決するためにこのスマートクリニックはオンライン治療サービスを開始しました。 したがって、検査キューで待機する時間を無駄にする必要はありません。 治療中の患者さんに安心感を与えるサービスが付いています。 治療ガイドラインを添付して、すぐに利用できるようにします。また、医師の診察を受けるのと同じくらい正確に患者の皮膚を診断するのに役立つ特別な内視鏡もあります。

また、患者さんが治療を受けても安心できるようにするため。 近くの医療施設や主要な病院との調整もあります。 とにかく症状にもとづいて高度な治療を患者さんに紹介するために。 そして、このオンライン治療は患者にとって便利なだけではありません。 しかし、子供の世話をしなければならない医師にとっても便利であり、労働時間が制限されます。 また、より独立して作業することができます。

パーソナルケア薬局

日本では、医師の処方箋が必要な場合を除いて、薬を買うために自分で旅行することはできません。 しかし、このスマートヘルスステーションではありません。ステーション内には、医師の処方箋なしで自分で薬を購入するために病院に行くことができる薬局があるからです。


この薬局の利点は次のとおりです。
–症状について薬剤師に相談した後、10分以内に薬を購入することができます私たちの薬は10分以内にのみすぐに購入することができます。
–ここの安い錠剤は200円で、10錠は病院に行くのと同じか安いです。
–薬剤師に相談できる

質の高い生活を送ることは、多くの場合、心身の健康を伴います。 したがって、完全で包括的な医療やサービスを受けることが非常に重要です。 しかし、今日の生活に影響を与える状況や問題により、治療へのアクセスが困難になっていることから、JR東日本グループは、患者さんや医師の「生活」をより快適にするために努力しています。 それは、人々が長い列に並ぶことなく医療サービスにアクセスできるようにすることから始まりました。 旅行がしやすい私は安全で快適な治療を受けていると感じています。 これはもう1つの非常に便利なアイデアです。

内容の概要: prtimesダイム

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です