日本大使はバンコクの副知事と会い、PETボトルのリサイクルプロジェクトを路面の革新的な前駆体混合物として推奨しました。



タイの在タイ王国日本国大使館がバンコク副知事を表敬訪問し、タイの日本企業からグリーン舗装技術を紹介しました。路面の下地としてペットボトルをリサイクルするプロジェクトのプレゼンテーション。 「NEWTLAC5000」と呼ばれる

本日(7月20日)午前8時30分、バンコク副知事ウィサヌ・サプソンフォン氏が在タイ王国日本国経済大使の高佐拓郎氏を迎えました株式会社。 タイ日本道路株式会社、代表団、公共事業局副局長(タワチャイ・ナファスラクサク氏、プラシット・インタチョム氏)、エンジニアリング局長。 ウェイとデザインオフィスのディレクター、公共事業局が参加し、タニノッパラットビルの19階の会議室であなたを歓迎しました。 バンコク市庁舎ディンデーン

日本両社の代表者が花王工業タイ株式会社が開発したグリーン舗装技術を発表しました。 道路表面を舗装するためにアスファルト(アスファルト)を混合した改質剤としてリサイクルされたペットボトルである化学部門。 人に無害で環境にやさしい「NEWTLAC5000」という名前で。 同社はそのような革新をバンコクにもたらし、試してみるつもりです。 そして、バンコクメトロポリタンアドミニストレーションに、そのような革新を使用して舗装された路面にトライアルエリアを割り当てるように要求します。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です