日本政府は安全保障上の脅威の高まりを指摘し、国防予算を倍増させたい

日本政府は安全保障上の脅威の高まりを指摘し、国防予算を倍増させたい

日本政府は7月22日に年次防衛白書を発表した。 国家安全保障への脅威は増大し続けています。 その中には、ウクライナでのロシアの戦争、台湾に対する中国の厳しい姿勢、そして不安定なハイテク産業のサプライチェーンがあります。

報告書は、8月に予定されている国防予算に先立つ日本政府の懸念を概説している。 そしてそれは、政府の国防予算の前例のない増加に対する公的支援を構築するための情報を広めます。 与党は今後10年間で国防費を倍増させることを目指している。

彼はまた、今年末までに国家安全保障を検討するためのフォーラムを設立する準備をしており、そこで彼は日本に長距離弾道ミサイルへの投資を呼びかけることが期待されている。 テクノロジーへのアクセスのより厳密な制御を含む、スペースとサイバー機能の向上

報告書は、ロシアのウクライナ侵攻を国際法の重大な違反として説明しています。 これは、特に台湾との紛争を解決するための力の使用についての懸念を引き起こしました。 中国が主権を主張し、台湾は常に中国の一部であると主張している地域。

ロシアと中国に加えて、日本の岸田文雄首相も北朝鮮を日本への主要な脅威と見なしている。 一方、防衛大臣は6月、日本は核武装国に囲まれ、最前線に立っていると述べた。

岸田氏率いる日本政府。 国防予算を2倍にしてGDPの約2%にすることを目指しています。 そして、6月の選挙で与党が参議院議席を獲得した場合、それはより可能性が高いようだ。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。