日経フォーラムでの「プラユット将軍」によるスピーチ-日本の首相との話し合い

首相は日泰フォーラムで基調講演を行い、日泰関係を強化した。 経済と観光の協力を強化するタイは持続可能性を備えた経済を回復するために世界最大の電気自動車生産拠点の1つになることを望んでいると述べ、CEE地域のより多くの投資家に開かれています

2022年5月26日現地時間午後1時、帝国ホテルのプラユット・チャンオチャ首相兼国防相が基調講演を行った。 第27回アジアの未来に関する国際会議(日経フォーラム)では、首相官邸のスポークスマンであるタナコーン・ワンブンコンチャナ氏が次の重要な点を明らかにしました。

首相は、本日首相のスピーチに出席したマレーシアの首相に会えてうれしく思いました。 会議に参加できてうれしいです。 そして、温かいおもてなしをありがとうございます。 首相は4つの主な理由で会議に出席するつもりでした。


1)タイは、日本は常にタイの真の友であると信じています。 岸田首相は今月初めにタイとASEAN諸国を訪問した。 これは東南アジア全体で継続的なポジティブシグナルです。 そして、タイと日本の間の135年以上の関係と友情を祝う機会です。

2)タイと日本の緊密な経済関係日本政府、ビジネスマン、投資家の皆様には、私たちの可能性を信じていただきありがとうございます。 タイの経済社会開発を支援する過去と現在タイは日本からの投資を歓迎します。 特に東部の特別開発区(CEE)で。


3)首相は、タイがAPEC会合を主催していると述べた。 今年は日本が積極的な加盟国であり、カンボジアがASEAN議長国となっています。 インドネシアがG20の議長を務め、タイが日ASEAN関係のコーディネーターを務めています。 特に来年のASEANと日本の50年の関係を祝う機会に、彼らの間の戦略的パートナーシップを促進するために協力する準備ができています。

4)首相は、世界が困難な状況に直面していると信じている。 このフォーラムに参加することで、タイの視点を共有し、すべての関係者と有益なアイデアを聞き、交換することができました。 特に民間部門


首相は会議の主要なトピックに取り組んだ。 あらゆる面でギャップが広がる中で、アジアがどのように役割を果たすのかという問題について、アジアはあらゆる面で平和、安全、繁栄を築く上でどのように役割を果たすのでしょうか。 「アジアは適応に対して回復力がなければなりません。 アジアは持続可能性を支援し、より包摂的な社会を構築しなければなりません。

アジアが一緒にできると信じている3つのこと

首相はまた、アジアが現在の状態を超越するために協力できると信じている3つのことに関するタイの見解を共有した。 地域の平和と安定を目指す

1. WTOを中核として経済成長を刺激し、自由で公正な貿易と投資環境を構築し、タイに全国の鉄道輸送システムと空港を近代化および開発させます。 また、高速インターネットやクラウドストレージ管理などの通信ネットワークやデジタルインフラストラクチャの開発に取り組んでいます。スマートシティの開発と、高度な資格を持つデジタル人材の育成を推進してください。 これにより、タイはこの地域で魅力的なクラウドストレージハブになっています。

タイは進歩的で高速な銀行システムを持っていることに誇りを持っています。 タイ・シンガポール世界初のデジタル決済システムを接続し、日本、カンボジア、マレーシア、インドネシアと同じように接続します。もっと多くの国と接続したいと思っています。 特にAPECで


2.これらの課題を単独で管理し、直面することのできる国はないため、多国間システムを引き続き支援する必要があります。 APECは、タイが多国間システムへの支援を示すことができるもう1つのフォーラムです。 2022年のAPEC会合を主催するにあたり、タイの主なテーマは「開かれ、関係を築く」ことです。 タイは、新たな貿易と投資の問題を考慮に入れて、FTAAPの議論の見直しを推進しています。

3.景気回復は、持続可能性と密接に関連している必要があります。 目標を達成するために民間部門を一緒に招待します。 タイの持続可能性への道は、2050年までにカーボンニュートラル目標を達成するためにエネルギーからクリーンエネルギーにシフトします。電気自動車産業への移行が始まりました。

タイには現在、チャオプラヤー川を航行するスマートな電気ボートがあり、水路で乗客を輸送しています。 水上輸送システムの炭素量を削減するタイは、近い将来、世界最大の電気自動車生産拠点の1つになることを望んでいます。 ですから、この分野で日本と協力したいと思っています。

タイ、日本の首相が二国間会合を開く

後で現地時間の午後6時。 プラユット将軍が日本の首相官邸を訪れ、岸田文雄首相と二国間協議を行います。日本の首相は再び首相に会えることを嬉しく思います。 そして、今月初めのタイへの公式訪問の結果をフォローアップし、延長する良い機会になるでしょう。


一方、プラユット将軍は、タイでの光善教育プログラムを拡大するというタイ側の提案を検討してくれた日本に感謝します。 そして、タイをメコン圏とASEANの訓練と人材育成の中心にするためのKOSEN教育センターの設立日本の首相は、具体的な提案を受けた後、タイの提案を歓迎した。 そして、潜在的で新しい技術と革新を持った日本の民間部門がCEE分野にもっと投資することを奨励する準備ができています

首相はまた、日本政府がタイを日本への小グループの観光客を受け入れようとする4つの対象国の1つとして選んだことを嬉しく思っていると述べた。 前期のタイからのビジネスマン、学生、熟練労働者の受け入れ、タイへの旅行へのより多くの日本人の招待に加えて、日本の首相は、タイと日本が観光における協力を強化することを歓迎します。


日本の帝国ホテル東京での現地時間午後7時の二国間協議の終了後、首相は夕食会に出席した。 会議の参加者に敬意を表して、日経が主催し、日本の首相が出席しました。

関連ニュースを読む。

PMが第27回日系フォーラムに出席するために東京に到着

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。