日経平均株価は、日銀が大企業のセンチメントが予想を下回ったと述べた後、457.42で引けた。


東京証券取引所日経インデックス日本銀行(日銀)が大企業のセンチメントが予想よりも弱いことを示したタンガン調査を発表したため、3日連続で引け、短期間に2%以上下落した。 だけでなく、投資家は依然として米国経済について心配しています。

日経平均株価は、457.42、つまり-1.73%下落して25,935.62で取引を終えました。

S&P /ASX200オーストラリア株式市場指数今日の終わり市場は、市場の終わりに彼らの株を売る投資家からの圧力にさらされました。 エネルギー株と鉱業株がベストセラーでした。

S&P / ASX 200インデックスは6,539.90、28.20、つまり-0.43%で引け、All Ordinariesは6,720.40、26.10、つまり-0.39%で引けました。

上海総合指数、中国証券取引所今日は閉じるほとんど下落していたアジアの株式市場の方向性に沿って。 6月30日木曜日の米国株式市場の急落と、第2四半期の日本のメーカー間のセンチメント低下の圧力を受けて。

上海総合指数は10.98、つまり-0.32%下落して3,387.64で取引を終えました。

韓国株式市場総合指数投資家がチップや化学会社などの主要な上場企業の株式を売却したため、3日連続で取引を終え、20か月ぶりの安値を付けた。 通貨が米ドルに対して強さを増したので不況の懸念の中で。

韓国証券取引所総合指数(KOSPI)は2,305.42で引け、27.22、つまり-1.17%下落した。

香港証券取引所香港特別行政区の設立のため、本日(7月1日)休業いたします。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。