映画公開:日本最高の売上高を記録した「過去10年」の撮影の舞台裏を語ろう

実写映画「THELAST10YEARS LASTS ANDFOREVER」セット映画統計今年の興行収入は日本一29億円! 人々がそれを数回見るようになるまで、ソーシャルメディアで賞賛を受けました

特別インタビュー付き主演俳優の小松菜奈、坂地健太郎、藤井道人監督との舞台裏での会話。約1年の撮影を振り返る。

監督に榊地や小松などの主演俳優について少し話してもらいたい。

監督:さかくちくんに初めて会った時、髪は金色に染まっています。 その時、私はまだ彼がハンサムでかっこいいと思っていました。 また、一言も言わずに、なんでこんなにかっこいいの?

朔地:そうですか?

監督:(笑)その後、真剣に話し合う時間がありました。 その時、彼がどんな人なのか考えました。 彼はあまり現れませんでした(笑)、当時は本当に真面目そうに見えました。

榊地:それは可能です。 周りの雰囲気を考えるのに慣れていて、「はじめまして…」となることもあります。

監督:その後、冗談を言い続ける坂地くんに転向。 小松菜奈の撮影ニックネームである小町に初めて会ったときは、実はとても緊張していました。 以前、私はずっと前に彼女を映画に出演するように誘いましたが、結局プロジェクトは崩壊しました。 その時、私も彼に手紙を書きました。 彼女は確かに覚えていません。 しかし、とにかく彼女はそれを保ちました。 なんでこんなにいい人なの? !

小松:全然! (笑顔)

監督:そういうことがあると、繋がっていると感じます。 ゴマジャンはよく話しました。 私たちはスポーツクラブの先輩や後輩のように戦わなければならないということそれはそのように戦う友人のようなものです。

コマツはどのようにしてこのプロジェクトに参加したのですか、教えてください。

招待されると、議論がありました。 当時、監督の目は非常に集中していて、細部にまで気を配っていました。 彼の決意は私に感動するところまで到達しました。 まだ悪いと思いますが、知っていたのですが、当時はマスクをしていて見えませんでした。 しかし、結局、彼はそれを見ました。 (笑)監督はまたからかう:「その時は泣きそうだったの?」 (笑)イベント開始前から、クラブの先輩や後輩のようにコミュニケーションをとっています。 彼は私を戦わせた人です。

「榊地くんに会った時は、多分大丈夫でしたよね?」

坂口:そうですね、調整が終わったら。 私たちは会議室でマネージャーと挨拶をしました。

小松:当時はみんな「あ、こんにちは…」だったので(笑)心配は無かったのですが、これから一緒にツアーを始めようと思っていました。 どうすればあなたとあなたの間の距離をより良く保つことができますか?
しかし、彼はすでに非常にのんびりした人でした、しばらくして彼は彼の退屈な側面を見始めました。 今、彼は私を悩ませています(笑)、彼は人々を笑顔にし、彼の周りの気分を盛り上げるのが好きな人です。 一緒に仕事をするのは楽しいです

坂口さんにとって、職場の雰囲気はどうですか?

藤井所長は、自分とは違う役割を果たしていることについて話し合い、意見を交換できる職場環境を整えています。 だからあなたはあなた自身になることができます。 走っているときは、欠品や違和感はありません。

小松は涙を抑えるために監督の命令に従わなければならない。

感情を表現するのは難しいシーンです。 脚本を読んでいるときの感情をコントロールしようとしても、撮影を始めたときのこのシーンがどうなるか想像できませんでした。 画面に見えなくても握手をしなければなりません。 早朝に撮ったシーンです。 また、その時のプレッシャーで疲れました。

監督:そうです! 今考えてみると涙が流れていましたが、泣くことは禁じられていました。 だから一人で遊ぼう。 私は今、俳優たちに力を入れすぎてほしいと懇願したことを悔い改めています。

最後に、この映画をもう一度見たいと思っている人たちにメッセージを残したいと思います。

藤井監督:また会いたい人は、まつりちゃんの周りの名前に気づいてほしいです。 まつりちゃんの家を飾る花は季節によって変わりますが、まつりちゃんの想いや欲望に溢れています。 誰もがそれに気づいたら、彼はとても幸せになるでしょう。

坂口:この絶妙な作品を生み出したチームワークのエネルギーが、誰もが目にすることができて良かったです。 この作品はとても長く残ると思います。 この映画を見た後、みんなにまつりや和人のことを考えてもらいたいです。 家族や友達のことを考えると、この作品にはみんなの心に浮かぶ光景や瞬間があると思います。 それを見に来て、また見たいと思っているすべての人のために。 そして、この作品の美しさについても他の人に伝えたいと思います

小松:それは私がとても誇りに思っている仕事です。 歴史をゆっくりと並べた一年の思い出がたくさんあります。 みんながこの作品を気に入ってくれたら、とても嬉しいです。 長くこの映画を気に入っていただければ幸いです。何回か見に来ていただければ幸いです。ありがとうございました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。