無料でお申し込みください! 5月30日から6月3日までのIMジャパン経由での3年間のタイでのインターンシップ。

大臣、SuchartChomklin氏労働省 労働省と国際労働開発組織が 日本 (国際労働開発機構、日本: MIジャパン)タイの技術研修生を日本企業での技術インターンシップに派遣するための覚書に署名

省に尋ねる募集 労働省は、旅行前の研修に応募し、タイから研修生を派遣して日本で技術インターンシップを行う責任があります。

日本でのインターンシップに興味があり、5月30日から6月3日まで募集しています。

組織を通じてタイのテクニカルインターンセレクションに応募することに興味のある方 IMジャパン2022年 技術研修生として初めて(男性)製造業・建設業の種類海外のウェブサイトtoea.doe.go.thでタイの労働行政の電子システムを介して自分自身を適用することができます。 2022年5月30日から6月3日まで

選考に合格した方は、技術者が月額80,000円(約21,200バーツ)の宿泊費、水道代、電気代無料、2ヶ月目から36ヶ月目までは最低でも受け取ります。最低賃金率日本の法律位置

「プラユット・チャンオチャ首相とプラウィット・ウォンスワン副首相、労働省を監督するタイの労働者の旅行の奨励に注意を払う海外で働くさらに、タイの労働者は家族の世話をするために収入を得ることができるので、あなたの生活の質を改善します。戻ってきた収入と経験は国の発展にも役割を果たします」と労働大臣は言いました。

日本でのインターンシップに応募する前に、物件を確認してください

雇用省の長官であるPairoteChotikasthiraは、テクニカルインターンシップ組織を通じて日本で IMジャパン2022年 これは、鋳造や旋削などの製造および建設業界での技術研修生のポジションです。 金属プレス加工、溶接作業、電子部品組立機械メンテナンス作業、塗装作業、プラスチック溶解作業自動車メンテナンス作業食品加工等

インターンシップ期間は、研修終了後最大3年(36ヶ月)です。 タイへの帰国後、インターンシップと専門家の支援を証明する証明書を60万円(2022年5月12日現在の為替レート)で約159,000バーツ受け取ります。

応募者は、以下の資格を持っている必要があります。
1.男性、20歳、30歳以下

2.高等教育ディプロマBaccalauréatSupérieur(M.6)または同等の、無制限の分野の職業証明書(職業証明書)または高職業証明書(職業証明書)

3.高さは160センチ以上で、重量は高さに比例します。 完璧な健康

4.兵役法に基づく兵役からの解放

5.入れ墨や身体的変形はありません。 悪い行動はありません

6.「技術研修生」ビザで日本で技術研修生になったことがない。 日本およびその他の国で働いたり、違法に侵入したり、居住したりしたことはありません。 日本で技術を実践するために旅行する前のトレーニングからの失格。

7.正常な視力であり、色盲ではなく、日本への入国が禁止されている病気ではありません。 タイでの研修や日本での技術インターンシップで発生した費用を賄うことができます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。