物品税局は、政府官報が電気自動車税を8%から2%に引き下げたことを明らかにしました。これは本日発表され、6月9日に直ちに発効します。

画像ファイル

物品税局は、電気自動車税を本日8%から2%に引き下げるために、公式官報を発行する準備をしていることを明らかにしました。

6月8日、物品税管理システム開発コンサルタントのNuttakorn Utensut氏は、物品税局のスポークスパーソンとして、物品税減税法のプロセスを明らかにしました。 電気自動車を8%から2%までサポートする 国務院によってレビューされており、アーコッム・トゥミッタヤパイシス財務省はすでに署名しています これは2022年6月8日までに官報に掲載され、翌日2022年6月9日に発効します。

「政府官報の発表後、これにより自動車会社とオートバイ会社は徐々に政府の支援を受けるための合意または覚書に署名できるようになると思います。今年は少なくとも3〜4社の自動車メーカーが増えると考えられています。日本と中国の自動車メーカーであり、タイと中国から少なくとも2〜3台のオートバイキャンプがあります。」 Nuttakorn氏は言った

Nuttakorn氏は、チップ不足の間、状況はまだ解決されていないと述べました。 実際、以前に電気自動車を予約した自動車メーカーは、各自動車メーカーの親会社がすでに生産された自動車を配布しなければならなかったため、約2か月間一時的に自動車予約の受け入れを停止しなければなりませんでした。 他の国のお客様にもお送りします。 タイでは現在、電気自動車の予約総数は1万台程度ですが、チップ不足が1年続くと、タイでの電気自動車の普及に影響が出ると想定しています。

「チップ不足は世界中で起こっています。たとえば、100台の電気自動車を生産する中国の自動車メーカーはそれらを世界中の他の国に配布する必要があります。短期的には、自動車のプロモーション計画に影響を与えることはありません。タイの電力。 1年間延長されると、影響を受ける場合があります。これは、私たちが制御できない外的要因です。また、各カーキャンプの親会社が、自動車を生産してタイに送るのに十分なチップを入手するかどうかに依存します。今年はそれを知り、解決策を見つけるために状況を再評価します。 Nuttakorn氏は言った

Nuttakorn氏は、現在、以前に電気自動車の予約を開始した自動車メーカーは、徐々に約500台の自動車を顧客に配達していると見られており、このRoyalGazetteの発表後になると予想されます。 各自動車メーカーは、約1,500台の追加車を徐々に顧客に提供します。

関連ニュースを読む。

Nuttakorn氏はまた、Supattanapong Chow Chow副首相兼エネルギー大臣が、4月末まで日本でロードショーを行ったので、これは日本の自動車メーカーが電気自動車をより早く生産する計画を調整することを奨励する良い兆候であると述べました。 2030年から2026年。

Nuttakorn氏は、覚書を締結した日本の自動車メーカーがタイでの電気自動車の使用を促進するための措置に参加したと述べた。 トヨタ この他の日本の自動車キャンプの後に期待されることは、中国の自動車メーカーを含む政府の措置に徐々に参加するでしょう。 ネタオートモーティブChang’an Automotive フォックスコンを雇用して電気自動車を生産する計画であり、現在、タイに電気自動車工場を建設するために投資委員会(BOI)から投資促進を申請中です。

報告書は、発表が遅れた理由は、物品税局がこの減税措置を支持するために最大25の児童法を可決しなければならないためであると付け加えた。 そのため、反映には時間がかかります。 特に、電気自動車や各種電動二輪車の定義の本質は、税制や国の補助金の対象となります。また、過去には、物品税局の新総局長への移行期間でした。 法に署名した人物でなければならないPraphatのEknititJurisprudence氏になるため、審査プロセスが遅れています。

電気自動車キャンプの場合 MG長城汽車 物品税削減法の発表により、顧客への数千台の自動車の配達の未処理の問題に直面しました。財務省の発表後、政府官報で発表されたこれらの問題は解決される可能性があります。 参加している自動車メーカーは電気自動車に貢献することができます。 税制措置を即座にサポートして顧客に提供

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。