神社、シラチャ、チョンブリでタイで 2 番目の日本式の神社

チョンブリ県シラチャ市の神社 タイで 2 番目の日本式の神社で、参拝を希望する人は自由に参拝できます。 ご自身とご家族の繁栄のために

神社を見る機会がある人は試してみてください。 スリラチャ 日本をタイに持ってきたような感覚を味わえるはずです。 2022 年 7 月 22 日から礼拝に来ることに興味のある人に開放されます。信者のための礼拝の場所であることとは別に、シラチャ地区のもう 1 つの興味深い魅力とも考えられています。 しかし、この場所の雰囲気はどうなるでしょうか? 私たちはあなたを見てみましょう

写真はTAT Facebookページ、パタヤオフィスより。

この神社の建設は、シラチャー神社協会の会長である阿部正弘によって主導されました。 主な神々の美徳を広めるために建てられました。 「天照大御神」「鵜飼魂神」が広く知られるようになる。 シラチャ地区を守護できる神様として また、シラチャ地区に住む日本人の心の拠り所となっており、 この地区には5,000~6,000人以上の日本人が仕事や生活、旅行などで訪れています。

シラチャ神社

写真はTAT Facebookページ、パタヤオフィスより。

シラチャ神社

写真はTAT Facebookページ、パタヤオフィスより。

シラチャ神社

写真はTAT Facebookページ、パタヤオフィスより。

神社の美しさだけでなく、それもまた興味深い魅力です。 これにより、一般の人々は文化の違いに対する信仰を知り、体験することができます。聖域内には興味深いものがあります。

  • タウンホール(ヘンデン) 神々の霊の聖域である神体の神社です。
  • 拝殿(拝殿) 参拝に来られる方の礼拝所です。
  • 神門(鳥居) 中央に社殿が建つ神社の入口。
  • 洗い流し小屋(てみすや) 神々に会う準備として、手、口、魂を洗う場所。
シラチャ神社

写真はTAT Facebookページ、パタヤオフィスより。

シラチャ神社で神々に祈る方法

神々を拝む前に 夜明け前に浄水アーチがあります。 体と心を浄化するためには、いくつかのステップがあります。

・柄杓を持って右手で水を汲みます。 左手をきれいにする

– 左手で水をすくい、右手で掃除するように変更

・柄杓を右手で持ちます。 左足に水を注ぎます。 その後、儀式として左手からの水でうがいを十分に行います。 (柄杓に直接口をつけないでください)

・右手で柄杓を持ち、水をすくい、左手を洗います。

・柄杓を持ち、左手で水をすくう。 その後、ハンドルを洗浄する水が流れるように取り付けます。

・柄杓を元の位置に戻します。 ひしゃくを逆さまにして、プロセスを完了します

その後、リングポイントにお越しください。 神々に私たちの訪問を警告するために鐘を鳴らし、次の手順で神社内の神々を崇拝しました

  • 二度挨拶する
  • 手を合わせる 右手を少し下に下げます。
  • 手を 2 回叩いて神々を呼び出します。 ですから、手を置きます常に右手を左に持ってきてください。 そして神々に祈る
  • 祈りが終わると、再び頭を下げた。

手順の詳細については、Web サイトで確認できます。 sriracha.jp

シラチャ神社

写真はTAT Facebookページ、パタヤオフィスより。

注:情報は変更される場合がありますので、再度ご確認ください。

Kuse Madoka

「トータルゲーマー。Twitterの先駆者。ベーコンのメイヴン。コーヒー好きになりたい。ビールの支持者。ウェブファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。