福岡の3つのランドマークからの壮大な景色に驚嘆

最後の更新:

福岡は九州地方で最大の都道府県です。 西日本では人口の多い大都市であるだけでなく、食べ物も豊富です。 観光名所もたくさんあります。この記事では、旅行好き、自然好き、インスタグラム写真を水色で撮るのが好きな人にぴったりの、福岡の美しい3つの場所を紹介します。 それを見たとき、私はそれが美しいと叫ばなければなりませんでした! 特定

海の中道海浜公園

海の中道海浜公園は海沿いの国立公園で、350ヘクタール以上の広々とした広さで、楽しくリラックスできるアクティビティがたくさんあります。 かわいい動物農場があります。 水族館、遊び場、ウォーターパーク

しかし、見逃せないのは、季節ごとに異なる美しいフラワーガーデンです。 特にハイライトは、4月に満開になる150万本以上の美しい青い「ネモフィラ」の花です。 まるで別世界に足を踏み入れたかのように美しいです。 しかし、4月に行けない人にとっては、悲しんではいけません。 他の季節の花も同じくらい美しいからです。

海の中道海浜公園

場所:福岡市東区西戸崎18-25、811-0321
ウェブサイト(タイ語): uminaka-park.jp
営業時間:午前9時30分〜午後5時30分(3月〜10月)、午前9時30分〜午後5時(11月〜2月)

桜井二見ヶ浦のトルクストーン

ウエディングストーンは糸島にあります。 福岡県海の青とは対照的に白い鳥居のイメージ。空が澄んだ日中であろうと、夕焼けも同様に美しい風景です。 写真を撮る観光客が圧倒的に多い人気のランドマークになっています。 後ろには結婚式の石があります。 隣り合った2つの石は夫婦のように見えます。 したがって、人々は愛を祈るようになります。

このエリアの周りにはレストランやフォトジェニックな場所がたくさんあります。 さらに、日本でトップ100のビーチの1つとしてもリストされています。

桜井二見ヶ浦(桜井二見ヶ浦)

場所:福岡県糸島市志摩桜井819-1304
Webサイト : city.itoshima.lg.jp
営業時間:24時間

浮羽稲荷神社

うきはで最も有名で不思議な神社である人々は、教育、仕事、農業、そして良いビジネスと長寿のために幸運を祈るようになります。

名物は、この聖域が丘の上にあることです! 神社にたどり着くには、山麓に並ぶ百本近くの赤い鳥居を渡らなければなりません。 しかし、上から見ると街全体と空が見える限り見えるので、それだけの価値はあります。 特に桜が満開の春。 そして日没時にそれはとても美しいものになるでしょう。

浮羽稲荷神社

住所:1513-9 Ukihamachi Nagarekawa、Ukiha、Fukuoka 839-1411
Webサイト : 浮羽稲荷神
営業時間:午前8時30分〜午後5時15分

それぞれのランドマークはとても美しく、一見の価値があります。福岡を訪れる機会があれば、必ずこの3か所をピンで留めてください。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です