調査によると、日本のレストラン4店のうち3店は、原材料費の高騰を顧客に転嫁するために「値上げ」の準備をしている。

日経アジアの調査によると、日本のレストラン経営者の4分の3近くが今年度中に値上げを計画している。 より高い原材料費を顧客に転嫁します

調査では、レストラン経営者の39%が、売上高が発生前のレベルに戻らないと考えていることもわかりました。 消費者がより多くを節約するにつれて、調査はまた、レストランの価格が高くなると顧客を失うという懸念も明らかにしました。

毎年恒例の食品事業調査は4月上旬から6月上旬に実施されます。 日経は、554社の大手外食産業をカバーし、302社から回答を得ました。


関連ニュース


昨年の調査に比べて70%の回答者が値上げし、73%の回答者が2022年度に値上げすると回答した。

食用油や小麦粉などの原材料に加えて、電気代などの光熱費も増加しました。急激な円安により、コストが上昇しました。

昨年値上げを行った企業のうち、79%が2022年度に再び値上げを行うと回答した。これまで価格を安定させてきた企業でも、62%が将来的に値上げを計画していると回答した。 日本の長期デフレの象徴である外食産業が転換期を迎えていることを示しています。

調査では、価格上昇の最も頻繁に引用された理由が見つかりました。これは、複数の理由、つまり食品価格の上昇で特定でき、回答者の96%が引用しています。

これに続いて、輸送費と人件費が高くなりました。 これらの2つの回答は、回答者の64%からのものです。 値上げを期待した価格帯については、回答者の48%が3〜5%、21%が5〜10%値上がりすると回答した。

参照:


フォローするチャンネル 標準的な富


ツイッター: twitter.com/standard_wealth
インスタグラム: instagram.com/thestandardwealth
公式ライン: https://lin.ee/xfPbXUP

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。