調査:ASEANは中国を日米を追い抜く最も重要なパートナーと見ている

調査:ASEANは中国を日米を追い抜く最も重要なパートナーと見ている

共同通信 5月25日に発表された日本の外務省の調査では、調査に参加した東南アジア人のほぼ半数が、この地域の主要な将来のパートナーとして中国を選択したと報告されています。 日本を通過して初めて1位に。

調査では、ASEAN 10か国の48%が最も重要なパートナーとして中国を選択したことが明らかになりました。 2019年の前回の調査と変わらず、続いて日本が8%減の43%、米国が4%増の41%で2位に落ちました。

この調査は、2015年度に最初の調査を開始した日本の外務省が実施した調査で中国が1位にランクされたのは初めてのことです。

日本の外務省は、調査はその政策を通じてASEAN内の関係を深めたことを反映していると述べた。 発展途上国へのCOVID-19ワクチンの提供におけるワクチン外交

主要なパートナーと見なされている国を尋ねる主題に関する調査では、現在、中国は56%で、3%減少していますが、1位のままであり、日本は2番目で50%です。

この調査は、日本の外務省が市場調査会社のイプソスと共同で実施し、オンラインおよび対面の調査を実施しました。 1月にはすべてのASEAN加盟国から2,700人の参加者がありました。 国内で紛争が発生しているミャンマーを除く。 年齢の割合は18歳から59歳の間です。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です