輸入急増で日本の経常収支赤字は5カ月ぶり

ロイター通信は、日本の財務省の6月の商品輸出額が860億円(9億8000万ドル)で、前年同期から19.3%増加したと報じた。 輸入額は1兆円で、前年同期比46.1%増。 その結果、経常収支赤字は1兆3900億円となり、赤字とされています。 1月から5ヶ月ぶり​​。

日本の6月の経常収支赤字の主因は「円安」。 そして、日本製品の輸入コストを上昇させる世界のインフレの上昇。

一方、日本の輸出はあまり伸びていません。 生産コストの増加により、国内での製品の生産は減少しました。 輸出業者のグループを含め、生産コストを削減して製品を輸出するために、徐々に生産拠点を日本国外に移しています。

経常収支データは、日本の経済構造の変化を反映しています。 これは、日本の収入のほとんどが株式ポートフォリオへの投資と海外投資によるものであるためです。 これは貿易赤字を相殺するのに役立ちます

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。