電気自動車市場に参入するための日本2社のコラボレーションであるソニーホンダモビリティの立ち上げ。

ソニーとホンダは、販売開始前の2022年までにソニーホンダモビリティ登録の準備を行い、電気自動車市場に参入するための重要なパートナーシップを発表しました。 2025年までにさまざまなサービスを提供します

ソニーとホンダの主要なパートナーシップ

ソニーとホンダは共同声明を発表しました:デュオは電気自動車を含むモビリティサービスを販売するためにソニーホンダモビリティを登録する予定です。 登録は、市場が始まる前の2022年に行われます。 2025年までにさまざまなサービスを提供します

責任を分担する場合、ソニーはソフトウェア開発を監督するために技術革新の専門知識に依存しています。 ホンダはセンサーを含む車載エンターテインメントシステムで、自動車業界での経験を活かして生産を監督します。 と電気自動車の運転経験

ただし、ソニーとホンダは、両社で発売される車のブランドをまだ公開していない。 あらゆる形で発売された最初の電気自動車の詳細を含むしかし、ソニーが2022年2月に同社がバッテリーを製造しないことを示したように、このペアリングが必要です。 と電気自動車だけで

ソニーは、2020年に最初の電気自動車コンセプトであるVISION-Sセダンを発表し、2022年初頭にVISION-S 02 SUVを発表しました。たとえば、目標は2030年までに中国市場でのみ電気自動車を販売することです。

総括する

日本の2つの組織間の進展はますます明確になりつつあります。ソニーの側では、電気自動車市場への参入だけでは容易ではありません。 ですから、同じビジョンを持つ自動車メーカーと提携するのは良いことです。 電気自動車市場が遅いホンダは、強いままでいるためにパートナーを必要としています。 以前にGMとのパートナーシップを発表した

参照 // Electrekホンダ

FacebookページでBrandInsideニュースをフォローしてください。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。