10歳まで若く見えるために日本人が推奨する6つのこと

10歳になる秘訣 簡単な6つのステップを踏むだけで、日本人のような若さになります。

老化は普通のことですが、老けた印象を与えたい、早く年を取りたいと思う人はいません。 定期的に練習すれば、日本人がどのように勧めているかを見てみましょう.

1.定期的に体から老廃物を排出します。

私たちの体は、加工食品から体内に老廃物を取り込みます。 大気汚染、染毛剤、果物や野菜の汚染された農薬、喫煙など。 冷ご飯には、食物繊維と同じ働きをするレジスタントスターチ(レジスタントスターチ)が含まれているからです。 また、結腸から毒素や余分な脂肪を排除するのにも役立ちます。 また、冷ご飯も善玉菌を増やします。 腸に良い環境を作るのに役立ちます

2. サートフードと呼ばれる食品を食べ続ける。

サートフードは、ポリフェノールが豊富な食品群です。 (ポリフェノール)は、代謝を調節し、体内の抗炎症作用があるサーチュインと呼ばれるタンパク質群の酵素の産生を刺激することにより、体の代謝を高めます. サートフードを食べると、体が脂肪と糖をよりよく燃焼させるのに役立ちます. 血糖値の維持に役立ちます 記憶力を向上させます 抗酸化作用を助け、髪と肌の健康を改善します. Sirtfoods には、緑茶、ケール、オリーブ、オリーブ オイル、タマネギ、大豆製品、リンゴ、ココアが含まれます.

3.体内にAGEsが蓄積しないようにする。

AGE(Advanced Glycation End Products)は、タンパク質や糖分を含む食品を加熱すると生成される物質です。 タンパク質と糖を結合させる物質 この物質は体のさまざまな部分に結合することで老化を加速させ、そばかす、しわ、たるみ、白髪、薄毛、メタボリックシンドロームなどの原因となる病気を引き起こします AGEsを避ける方法は避けることですグリル、ロースト、揚げ物を食べ、ニンニク、リンゴ、ショウガ、アーモンド、レタス、キャベツ、ブロッコリーなどの抗酸化物質を多く含む食品を食べる.

4.紫外線を避けてください。

紫外線は、数年以内の目に見える老化の主な原因です。 シミ、ソバカス、シワ、たるみ、髪や頭皮のダメージなどの原因となりますが、毎朝日焼け止めを塗ることで予防できます。 太陽の下に出かけるときは、帽子をかぶるか傘を広げます

5.十分な睡眠をとる

体を健康に保つのに役立つだけでなく、十分な睡眠。 これは、体が適切なレベルで成長ホルモン(成長ホルモン)を分泌するのに役立ちます. このホルモンは皮膚の弾力性を高めます。 肌をなめらかに整え、顔や体のシワを防ぎます。

6.血管の若々しさを強化します。

若い血管は体内の血液循環を改善します。 その結果、体のさまざまな部分に栄養素と酸素が十分に供給されますが、脂肪、塩分、または糖分の多い食品を過剰に食べる. 野菜をまったく食べないと、血管の炎症が起こり、柔軟性が低下し、血管に脂肪が詰まる. これにより、血管が狭くなり、血行が悪くなります。 エネルギー代謝システムに悪影響を及ぼし、乾燥肌を引き起こす 黒皮症やしわ 高血圧や心臓病などの先天性疾患を引き起こすなど、髪が乾燥しているように見えます タマネギ、青魚、緑黄色野菜など、血管を若く保つのに役立つ食品を食べ続けてください. やオリーブオイルなど。

上記の行動に加えて、いつも笑顔でいることは、私たちを若く見せる最も重要なことの 1 つです。 今日からは、若々しく笑顔になれる行動から、健康に気を配りましょう。

Tajima Setsuko

「情熱的な旅行ファン。ゾンビのスペシャリスト。ゲーマー。内向的。熱心なビール忍者。音楽愛好家。完全なウェブ中毒者。筋金入りのトラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。