1932年6月24日と2022年、異なるコンテキスト

1932年6月24日、サイアム王国の構造と内容に大きな変化がありました。 それは王が君主である君主制(または絶対君主制)の終わりです。 これは、タイ全土を統治し、国王が立憲法(立憲君主制)の対象となる民主主義体制にあり、その変化は、ほとんどの士官のために約200人のエリート集団のクーデターによって引き起こされました。 市民が参加せず、いかなる形でも参加しなかった海外で教育を受けた

1932年のタイ王国の変容はほんの一握りの人々によって起こったと言えます。 権力を掌握し、無意識のうちに従うように国中の市民に命じた

1932年のクーデター革命は、世界的な煮物の真っ只中に起こりました。 政治的イデオロギー的競争または自由主義、社会主義、民族主義などの政治的教義の結果として。 と社会革命
中国王国とロシア王国君主制の日本への返還これは将軍の支配権の転覆、日本から明治維新への変容、そしてヨーロッパの君主制の全般的な弱体化につながりました。 高貴な地主グループへの道を開く知的および商業グループは、議会の支配を通じて君主と権力を共有し、政治において役割を果たすようになりました

可能性ヨーロッパ、アメリカ、アジアのこれらは支配階級の心に影響を与え、影響を与えました。 そしてタイを含む世界中の新世代

1932年6月24日以来、タイは人が支配する社会に入り始めました。 自身の主権と政治システムは、選挙で選ばれた議会を持つ憲法上の権利や政党との政治的競争を重要なメカニズムとするなどの中心的な規則を備えた自由民主主義社会の方向に焦点を合わせ始めました。

しかし、政府が自由民主主義に変わったにもかかわらず、初期の段階では確かです。 しかし、読書の伝統的な考え方はまだタイの社会に存在しています。 分割、バランス、バランスを理解するだけではまだ十分ではありません。 言論の自由と参加の自由に対する彼ら自身の力の権利における市民の理解と同様に、彼は育成するために教育されていませんでした。 君主制から民主主義への突然の変化だったので、スキルを徹底的に実践しました。クーデター前後の準備と準備の欠如ですが、タイの自由民主主義体制はある程度進んだと言えます。 まだブロックする問題がまだありますが

これまでのところ、権利と義務に対する国民の意識はより深くなっており、自由民主主義社会の問題、障害、障害を絶え間なく解決することが依然として求められています。 しかし、現在の支配階級は、一般的に言えば、政党、政党で構成されています。 政府関係者、軍隊、警察、民間人、裕福な人々、特権グループビジネス上の利益と保守的彼らはタイの自由民主主義社会を真に完璧にすることに熱心ではないようです。

それはすべて、権力を大切にし、特権を大切にし、自己利益団体である社会への少数の人々の参加を拡大したくないグループになりました。 そして、元の地位を維持するためのグループ、言い換えれば、社会や人々に奉仕するのではなく、支配階級を維持するためのグループです。 したがって、今日のタイ社会は支配階級間で不和の状態にあると言えます。 支配階級とこれは人民党の機能を継続しなかったので、1932年6月24日の変更の目的を無効にします。 革命的なクーデターまたは人民党の欠点と失敗を修正して、タイをこれからの時代に真に民主的な社会にする

その間、世界的な文脈はイデオロギー戦争に変わりました。 複数の競合する政党体制を使用するか、リーダーシップシステムまたは単一の政党を使用して主導し競争する国の開発モデルのさまざまなアイデアに到達しました。覇権の反対側、あるいはアメリカのシステムと西ヨーロッパの世界システム(グローバルオーダー)の確立は、中国とロシアの異なる人々が主導する別のシステムをリードし、彼らは世界中に影響力を広めるために競争します。

タイの場合、それは私たちも自由民主主義の方向に進んでいると分類することができます。 そのため、状況によっては、米国のキャンプに行かなければなりません。 西ヨーロッパでは、単一の指導者や単一の政党に向かって移動することはなく、国を支配し、指揮します。実際には、支配階級が権力を独占したいと考えています。 しかし、市民は自由と参加を望んでいます。
これは、親が読むことを検討する必要があるものです。 タイ社会を分裂状態に保ち、お互いに恐れと不信を抱き続けますそして政治に分裂がある限り安定は起こりませんでした。 進歩は途方もないペースで行われます。

人間社会は専制政治、拘束、剥奪の状態になりたくないのです。 プラユット・チャンオチャ将軍は、権力を握ろうとするような行動がなければ、もはや自由民主主義の進展を抑制しません。 これは国を弱体化させることに等しい

リーダーシップの素晴らしさは解放です。 そして、すべてのグループが主権を所有する国の所有権を示すことに参加することを許可します

Kasit Phirom

kasitfb@gmail.com

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。