2016年に円が急落した後、Appleは日本でiPhone-iPadの価格を引き上げる


Bloomberg Newsは、2022年7月1日、Apple Inc.が、今年の円安を踏まえて、日本でのiPhoneとiPadの値上げを発表したと報じました。

レビューによると、カリフォルニアを拠点とするハイテク大手のクパチーノは、国内のモバイルデバイスの価格を25%引き上げ、iPhone13の開始価格を117,800円に引き上げ、iPadとiPadAirの価格をそれぞれ10000円引き上げました。 。 AppleのローカルWebサイトで

アップルは、アサヒグループホールディングス株式会社から、ますます多くの小売ブランドに参加しています。 生産コストの上昇に対抗するために日本の消費者物価を引き上げているローソン社に。 現地通貨安と相まって、Appleの動きは他の家電メーカーを後押しする可能性があります。

Appleは6月にMacBookの価格を10%以上引き上げましたが、そのような変更は新しいモデルのリリースに伴います。 これにより、モバイルデバイスが急速に増加し、何ヶ月も新しいリリースが予想されていなかった時期にそれを実現することができました。 会社の代表者はコメントの要求にすぐに応答しませんでした。

賃金の上昇に伴い、日本の小売業者は長い間価格の引き上げに消極的でした。 顧客が何年にもわたるデフレに慣れないようにそれは今変わり始めています。 ビールの値段から醤油まで。 フライドチキンナゲットとハンバーガーを添えて。 企業がコストをバイヤーに転嫁するにつれて、上昇し始めます。 先月の円は対ドルで24年ぶりの安値を付けた。 リスクのある資産が反発し、小売業者により多くの圧力をかけているため

参照:https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-07-01/apple-hikes-iphone-ipad-prices-in-japan-after-yen-tanks

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。