4月下旬に日本の首相が東南アジアを訪問— BenarNews Thai

日本の岸田文雄首相は4月下旬に東南アジアへの訪問を計画している。 この地域での中国の台頭に抵抗する。 日本政府当局者の報告と声明によると

通信社共同通信岸田氏の旅行はゴールデンウィークと呼ばれる長い日本の休暇中に行われると報告されており、彼はタイ、インドネシア、ベトナムに旅行する予定であると報告書は名前のない外交筋を引用して述べた。

ゴールデンウィーク2022は4月29日から5月5日まで開催されます。 初日は昭和の日です。 日本の祝日で、最終日は5月1日から5月5日まで5日連続のこどもの日です。

報告書はまた岸田氏が長い週末の間にヨーロッパを訪問するかもしれないと言った。 防衛相と日印外相との会談は、すでに4月中旬から下旬にかけて提案されていた。 したがって、この会議は延期することができます。 なぜなら、通常、首相が海外に旅行するとき、外務大臣はしばしば首相と一緒に旅行するからです。 無料ラジオアジアベナー通信社。 この情報を確認するために外務省に連絡した

ジャカルタで木曜日、インドネシア外務省のスポークスマン、テク・ファイサヤは、岸田氏が「4月末」にインドネシアを訪問することをBenarNewsに確認しました。正確な日付は後で発表されます。

共同通信は、今回の訪問で、日本の首相は「中国の力が高まる中、インド太平洋を自由で開かれたものにするというビジョンを達成するための協力を強調する」と期待されていると報じた。

タイとインドネシアは、アジア太平洋経済協力(APEC)グループの議長を務めています。 とG20グループ それぞれ今年の(G20)。

一方、ベトナムは南シナ海の海上安全保障に日本と同じ関心を持っています。 中国は南シナ海の広大な領土を主張しています。 そして中国は、回復した島々に駐留する軍隊を派遣しました。

駆逐艦JS鈴月(左)とJSいづまに乗った海上自衛隊の隊員がタンジュンプリオク港に到着。 ジャカルタ、インドネシアインド太平洋ツアー 2018年9月18日撮影(ロイター)

自由で開かれたインド太平洋

「中国は主な地政学的脅威です。 インド、日本、東南アジアの国々に関係なく」と語ったのは、インドのシンクタンクであるオブザーバー研究財団に所属する研究者のプラトナシュリー・バス氏。

「したがって、資源と能力開発の組み合わせは、インド太平洋のほぼすべての国で進行中のプロセスです。 中国の力にもっと抵抗できるように。

昨年、日本は南シナ海に対する中国の主張に異議を唱える多くの国々に加わっ​​た。 日本は国連に外交覚書を送った。 中国のベースラインを定義することを拒否し、日本が航行と飛行の自由を制限しようとする中国の試みと呼んだものを非難する。

日本は南シナ海を主張する国の中にはありません。 しかし、それは南シナ海を主張または恩恵を受けているいくつかの東南アジア諸国との関係を強化しています。

日本海軍と沿岸警備隊は、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナムと共同で演習を行った。

日本の東京にあるクリスチャン国際大学の政治学および国際関係学部の上級講師であるスティーブン・ナジーは、南シナ海を統治するための安定化と規則に基づくアプローチを非常に重要視しています。 確かに、南シナ海の航路は日本経済にとって非常に重要です。

日本はまた、米国のインド太平洋戦略を支援する上で重要な役割を果たしています。

二次セキュリティダイアログのリーダー(Quad) 日本、米国、オーストラリア、インドは5月の対面サミットに出席します。 東京で

クワッドは、この地域における中国の力に対するカウンターウェイトと見なされていました。

3月に岸田さんはインドとカンボジアを旅行しました。 2021年10月に首相に就任して以来、カンボジアは今年、東南アジア諸国連合の会長を務めています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。