6月に日本を勝ち取り、外国人観光客の割り当てを1日2万人に拡大する。

日経通信社は、日本政府が6月に外国人観光客を再開することを決定する可能性があると報じた。 ゴールデンウィーク期間中のコロナウイルスの症例数であろうと、4月下旬から5月5日までの長期休暇であろうと、全国の何百万人もの日本人が母国に帰国するということは、許容基準の範囲内でした。

日本政府が状況を評価するのに約2週間かかると推定されています。 そして、最初は代理店を通じてグループで旅行する外国人観光客を受け入れ始める可能性があります。 日本政府は、日本に入る外国人の定員を現在の1日1万人から1日2万人に増やすべきです。

日経は、日本政府は現在、疾病管理と経済刺激のバランスを取っていると述べた。1日1万人が入国できる

最近、日本の岸田文雄首相は、日本は他のG7諸国と同じレベルまで移民をさらに減らすと述べたが、タイムラインの詳細は明らかにしなかった。

現在、3回のワクチン接種を完了し、COVIDが陰性であるとテストされた外国人。 日本への入国は検疫が免除されます。日本が6月に外国人観光客を受け入れることを決定した場合も、同じ条件が適用されると考えられています。

しかし、現在日本の当局によって受け入れられているワクチンは、中国のワクチンをカバーしていません。 これは中国人観光客の日本への入国を困難にするでしょう。 流行の状況が深刻な国の観光客だけでなく

日本の観光客への開放計画は、先月の円が対ドルで20年ぶりの安値を付けた後のことです。 円安は、より多くの観光客を誘致し、日本を観光地として選ぶのに役立つと彼は信じている。

参照:


フォローするチャンネル 標準的な富


ツイッター: twitter.com/standard_wealth
インスタグラム: instagram.com/thestandardwealth
公式ライン: https://lin.ee/xfPbXUP

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。