7つの革新的なレッスン1932年「Pridi」は権力の経験が浅いときに受け入れます。 もし私がそれを知っていたら、私はそれをしなかっただろう。

2022年6月25日–特殊作戦センター国家安全保障センター(SSR)の元所長であるナンサデットメクサワド中将は、革命の90周年を祝うメッセージをFacebookに投稿しました。 人民党の指導の下での1932年6月24日の政権交代は少し無駄

私たちが見なければならない多くの側面があります。 しかし、長すぎるかもしれないので、私はあなたに一つの側面だけを見るように導きたいと思います。 当時の革命はタイに良い影響も悪い影響もあったと言えば十分でしょう。

革命前、ラーマ5世とラーマ6世の治世中、2人のタイの君主は、「人」と「経済インフラ」の両方を最大限に構築することにより、真剣かつ継続的な方法で国の発展に専念しました。電車、電気、水道、セメント工場など、水を運ぶために運河を掘り、橋や道路などを建設します。ラーマ6世も外国人からお金を借りました。 しかし、ローンはすぐに返済することができます。 ラマ7世の最初の年だけ

人民党がラマ7世の昇進の下で革命が成功し、人民党が国を統治したとき。 たとえば、国の権力を維持することだけを目的としているため、国の崩壊のほぼ全体が誤って経済構造を破壊することへの経験の浅い好意

(1)510人のうちラマ5世とラマ6世の外国人奨学生は、国の発展を支援する機会がありません。 なぜなら、各省庁は人民党の安定性を訴える人で溢れているからです。大宮殿でも、人民党が引き継ぐために派遣され、奨学生の何人かは逮捕から逃げなければなりませんでした。 人民党の指導者とは違った見方をしていたので、逮捕されて投獄された人もいれば、隠れなければならなかった人もいました。 したがって、ラマ5世とラマ6世の人材は完全に失敗しました。 そのため、当時、国内で最高の人々が来て国を助ける機会がありませんでした(日本は奨学生を同数のタイ人のように勉強するために派遣しましたが、彼らは国のために仕事に戻りました。タイ側は作るために押し返しました革命。人々はお互いに顔を合わせて勉強するために送り出し、また才能のある人々が国を助けるために来るのを止めます。)

(2)科学研究の破壊は、タイが日本に遅れをとっているという事実を持っている人民党の役割を受け入れなかった人々の代わりに政治的権力基盤を構築する代わりに社会科学の学位の生成に変わりました。 たった5年が経ちました。

(3)政治的解決策を作成する今日まで間違った政治的価値観に影響を与えてきた権力、お金、武器(クーデター)の使用は常に間違っていました。

(4)党の文化を作り、彼らを演じる結果として、善良な人々は官僚制度についての知識を持ち、生き残ることも解雇されることもできません(ラマ7世はこの問題に対処するために行政機関委員会を設立しましたが、しませんでした多くの人民党指導者の注目を集める)

(5)25年間、人民党が交代で政権を握り、かつてないほど協力者であるかのように競争するという権力闘争があった。 それは当時の非常に悪い例でした。 その結果、革命後に発表した人民党の「六つの目標」という朗報は、まったく失敗に終わった。

(6)定期的に行われる相手方を怒らせるための特別裁判所の創設、警察国家の創設など、人々がそれを信頼できなくなるまで正義のプロセスを破壊することは、捜査大臣のような正しい伝統を維持しない。警察を担当し、ラマVIII事件の容疑者を証言するようになりました。 このようなクレイジーなものは他にもたくさんあります。

(7)君主の役割を「憲法」の役割にまで減らしたいだけで、国内に多くの部門ができるまで国を運営する

まだ数十の物語があります。 人民党の指導者たちが上記の過ち、特に軍隊を徐々に認識したこと多くの人が「これはまったく行われるべきではない」と言った、元帥。 PSも受け入れました。 アジャーン・プリディについては、「力があるときは経験がない」と認めた(ラムパイ・バルニ女王は、アジャーン・プリディが王に会いに行ったと言って、「私は当時若かった。何が強すぎると思いますか?そんなに難しいとは思いませんでした。それを知っていれば、やらないでしょう…」)

したがって、1932年の革命は国にとって重要な教訓となるはずです。 本当に戻って国のために働き始めるためにこの問題を提起することに関しては、革命的なピン問題のように、現時点では何の効果もないはずです。 これはさらに愚かです。 人民党時代に各州で人々が敬意を表する「憲法像」を建てようとするようなものです。

ナンサデット中尉/2022年6月24日(本の参照Wiwat Rattanakosin / Chulalongkorn University Book Center)

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です