ASIANは、「アジアの同盟」が提出後1965年第4四半期に公開されることを期待しています:InfoQuest

EkkamonPrasopphonSucharit最高財務責任者AsianSeaCorporation Plc(ASIAN)は、ペットフードおよび即席食品を製造および販売する子会社であるAsian Alliance International Plc(AAI)を開示しました。 有価証券の売却申請書と登録届出書(提出書類)を提出した後、22年第4四半期にタイ証券取引所に上場する予定です。 (マグロの活動)国内外で成長を続けた。

AAIのゼネラルマネージャーであるEkkaratPansang氏は、2つの主要な事業の市場概要は力強い成長と見られていると述べました。 マグロ産業は、オメガが少なく脂肪分が少ない健康食品であるため、65歳から72歳まで年平均2.6%の成長が見込まれています。 常温で保存できます。これはeコマースチャネルの成長にも牽引されています。また、タイは最大の主要生産国であり、非常に有望であると考えられています。 主な輸出市場は、米国、日本、中東などです。

ペットフード部門については、2018-64年から見れば毎年成長を続けており、年平均8.6%の成長であり、64-72年には平均5%の成長が見込まれます。毎年、主要な輸出市場で動物を飼育する傾向に沿って、ドイツ、米国、タイですが、今後1〜2年でタイのペットフードが上位2位に入ると予想されています。 、主な輸出市場は米国、日本、マレーシアです。

国内市場ペット関連製品の市場価値は約400億バーツであり、そのうち約40〜50%がペット食品市場に含まれます。 または約2万バーツで、海外と同様の傾向があり、成長を続けています

AAIは、密閉容器に入ったウェットペットフードとすぐに食べられる食品(ヒューマンフード)の国内有数のメーカーです。 15年以上の業界経験と専門知識により、品質と安全基準を満たす製品を製造および販売することができます。 それが国際的に顧客、ブランド所有者および消費者によって受け入れられるまで。

彼はまた、持続可能な開発と成長を重視しており、会社は製品の共同開発者から成長するための継続的な組織開発のための戦略的計画を持っています。 (共同開発者)ビジネスチャンスを増やし、会社の長期的な競争力を向上させるための戦略的パートナーになること。

現在、AAIは製品を2つのグループに分けています。1。犬と猫のための食品。 これは、ウェットペットフードとペレットペットフード製品の両方を対象としています。 国際的なペットフードブランドである顧客のブランドの下で、そして企業グループの登録商標の下でこれらには、ハイエンド市場の顧客を対象としたモンチョウとマリアのブランド、マスマーケットの顧客とプロを対象としたバランスの取れたモンチョウとハジコのブランドが含まれますブランド。 )価格競争に主眼を置いたターゲット顧客

2.調味料の水とソースにマグロ製品の形で密封された容器に入ったすぐに食べられる食品(Human Food)。顧客のブランドのすぐに食べられる調理済み食品(Ready-to-eat)を含む。また、魚粉製品などのマグロ加工の副産物も販売しています。 蒸し魚製品や魚油製品など。

同社はペットフード製品の開発に継続的に注力してきました。 原材料と製造方式はお客様に受け入れられています。 その結果、プレミアムペットフードの注文数は着実に増加しています。 増大する顧客の需要を満たすために生産能力を拡大するだけでなく。 ウェットペットフードの生産能力は、2017年の年間25,000トンから現在は年間42,000トンに増加しました。

同時に、AAIは自社ブランドのペットフード製品の開発も目指しています。 これにより、自社ブランドは現在の3%から10%に成長し、タイの主要なウェットフードおよびペットフードの生産者としての可能性があります。 彼らの製品を幅広い顧客に届けましょう。 ブランドの国際的な発展の拠点としてタイと中国で市場に参入し始めました

AAIの最高財務責任者であるWaranratAssanuphong氏は、ペットフード業界の競争力を強化し、短期的な利益率を維持するために、ペットフード市場をより多くの消費者グループに拡大する戦略を持っていると述べました。 多くのブランド向けに独自のペットフード製品を開発することにより、すべての製品タイプを持ち、ウェットペットフードアニマルペレットやペットスナックを含む各サブマーケット(市場セグメント)の顧客ニーズをカバーします

会社の業績は着実に向上しています。 売上高は2019年の35億8800万バーツから64年には49億8500万バーツに増加し、年間平均成長率(CAGR)は18%でした。 ハイエンドのペットフード事業への適応が成功した後、純利益は2019年の1億6800万バーツから64年には6億3900万バーツに増加し、年平均成長率(CAGR)は95%になりました。

InfoQuest通信社による(1965年7月7日)

タグ:アジア、タイ株、エッカモンプラソフォンスチャリット、アジアンシーコーポレーション

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。