BAYは今週のバーツフレームワーク34.50-34.95を期待し、FRBの会合、MPCが金利を引き上げることを期待している:InfoQuest

Bank of Ayudhya(BAY)Global Markets Groupは今週のバーツの方向性を明らかにしました。これは、前週から34.50〜34.95バーツ/ドルの枠組みの中でトレンドになっています。 金融政策委員会(MPC)が政治的利益を0.50%に維持するために4-3で投票した一方で、バーツは34.32-34.77バーツ/ドルの範囲で取引された後、34.76バーツ/ドルで取引を終えました。 先週、欧州中央銀行(ECB)が7月1日に景気刺激策を終了し、7月の会合で金利を25ベーシスポイント引き上げると発表した後、ユーロは下落しました。 .22インフレを抑える。 さらに、ECBは危機への対処方法について明確に欠けています。 断片化、または各ユーロ圏加盟国の借入コストが不平等に影響を受けること。

円面では、日本銀行総裁が円安が日本経済にプラスの影響を与えたと宣言したことから、Aは20年ぶりの安値を付けました。 外国人投資家はタイの株式市場で純額6,690百万バーツを売り、債券を10,712百万バーツで売り、外資系債券は5,689百万バーツで満期を迎えた。

グローバルマーケッツグループは、市場が6月15日の連邦準備制度理事会(FRB)の会合の結果をフォロースルーすることを期待しており、投資家は、データがヘッドラインインフレを示した後、現在の範囲である0.75〜1.00%から少なくとも50ベーシスポイントの利上げを期待しています。 5月の米国の8.6%は予想を上回り、40年以上で最高でした。市場はFRB議長のコメントに注目するでしょう。 加えて、イングランド銀行(BOE)は65年6月16日に25 bpsの金利引き上げを予定しており、日銀は金利を据え置くと予想されています。 引き続き支援するFRBが会合の結果を発表する前に日本当局による円への干渉の可能性が高い。

MPCの最新の立場の国内要因については、前回の会議から大幅に変更されました。 したがって、MPCは65年8月10日の会合で金利を引き上げる可能性が高く、MPCはより広範な価格圧力に懸念を表明することが予想される。 経済が回復し、緩和政策への依存が今後数年間で少なくなるにつれて。

BAYは、各国からの下方圧力を受けて、5月の消費者物価指数データが​​7.1%上昇したと推定しました。 そして、この資本の流れの潜在的な影響。 それらはすべてMPCの位置の変更に貢献しました。

InfoQuest通信社(65年6月13日)

タグ:お金、タイバーツ

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です