BCPGは、95,000百万バーツの予算で、5年間で生産能力を倍増させ続け、ポートフォリオを多様化しています:InfoQuest

BCPG Public Company Limited(BCPG)のマネージングディレクター兼会長であるNiwat Adirek氏は、同社が今後5年間(65〜69年)で電力容量を2倍の4,250メガワット(MW)にする計画であることを明らかにしました。現在の2,155メガワットのうち1,500〜3,000メガワットの発電所。

現在、日本では、66年後半に商用電力(COD)を供給するとされる10メガワットのChiba 2太陽光発電所、フィリピンの風力発電所などのプロジェクトが進行中です。 ナバス、ビサヤス島(拡張)5.6 MW、台湾では、469MWの太陽光発電所が4Q22から2H’68まで段階的にCODし、ラオス風力発電所では230メガワットの容量で38%の参加があります。は、電力購入契約に署名した68年のCODを期待しています。 ラオス議会がコンセッション契約を承認するのを待っており、プロジェクトのために請負業者を雇う契約に近づいています

発電量を増やすための5年間の計画では、95億バーツの投資が使用され、65年には3,030億バーツの投資予算が使用され、66年には67年に3,860億バーツの投資、192の予算が使用されます。 68億バーツは49億バーツの予算を使用し、69年は21億バーツに相当します。

Niwat氏は、現在、同社はタイ、フィリピン、インドネシアなどの発展途上国、日本などの先進国、ラオスやベトナムなどの主要国に投資しており、69社が投資ポートフォリオのバランスを取ることを目指していると述べた。 リスクの分散投資は、発展途上国で50%、先進国で25%、リスクの高い国境国で25%行われます。

「私たちがビジネスを発展させる方向。 私たちは、拡大の方向性があらゆる部分で私たちのニーズを満たすことができるように努めています。 地理、場所などの主要な要因を検討し、カントリーリスクも検討します。 上記の比率に自信を持って、プロジェクトを確実に進めるために、オーストラリア、日本、台湾、マレーシアを見てください。これから焦点を当てていきます。 さらに、技術の問題を検討します。 私たちが現在投資している主な技術は太陽光、風力、水力発電プロジェクトであり、私たちはすでにバッテリーを持っており、エネルギーを節約するためにデジタルエネルギーに投資しています。 »» ニワット氏は言った

さらに、収益をできるだけ早く認識するプロジェクトへの投資を検討することが重要です。 営業資産を見直し、中長期的に収益を即座に認識できるようにする。同社は、利益率の高いグリーンフィールドプロジェクトに注力する。

InfoQuest通信社による(1965年6月7日)

タグ:BCPG、niwat趣味、BCPG、タイ株

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です