BRRは、ラオスで最初の木質ペレット工場を積み上げるための良い兆候です。 1966年の後半にスタートボタンを押すと、高成長のビジネスチャンスが生まれます。

Buriram Sugar Public Company Limited(BRR)の子会社であるBuriram Green Energy Company Limited(BGE)は、Jirawan Pongpichitkul氏(右から4番目)、サトウキビ原料調達担当副社長、およびSarit Tangtrongwechakit氏(6番目)が率いています。右から)、BGEのマネージングディレクターは、アライアンスの上級幹部と記念写真を撮りました。 2022年6月29日、ラオス人民民主共和国(Lao PDR)、チャンパサック県ムンラパモクにあるSiphandon-Ratchlao Company Limited(Buriram Sugar Pcl。の子会社)のバイオマスペレット(木質ペレット)プラントの主柱の引き上げ式中は、2023年下半期に生産能力10万トン/年で商業生産を開始し、九州電力株式会社の子会社である九州電力株式会社に輸出する予定です。 )15年間の長期購入契約に基づく。 同社はまた、短期的に生産能力を増強するために他の日本の産業顧客と交渉している。 2日本の再生可能エネルギー政策によると年間約800万トンである2022年から2042年のバイオマス練炭の需要をサポートします。

合弁会社はRATCH-LaoServiceCo.、Ltd.、Buriram Green Energy Co.、Ltd.です。 (BGE)(別子会社(BGH)が所有するBRR 55.6%)、九電未来エナジー株式会社とSiphandoneBolavenDevelopment(SPD)が共同でSiphandone-Ratch Lao Co.、Ltdを設立しました。 2020年9月21日、株主の比率はそれぞれ25%、45%、20%、10%で、ラオスで最初の木質ペレットの生産と流通プロジェクトを開発しました。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。