BYDは日本でドルフィン、シール、アト3の3台の電気自動車を発売し、2023年に発売します。

BYD 日本は、特に電気自動車または電気自動車の販売に焦点を当て、人気のある3つの自動車モデルを発売する準備ができている会社の設立を発表しました。 イルカ、アザラシAtto 3 2023年1月発売

BYD Japanは、日本で3つの電気自動車、Dolphin、Seal、Atto3を発売します。

BYDは来年(2023年)に日本で電気自動車の販売を開始すると発表した。環境にやさしい自動車の需要は国内で増加すると予想されている。

BYDは電気バスで初めて日本市場に参入しました。 最近、日本のBYDの電気自動車会社である新会社が発表され、顧客が購入できるように、3つのスタイルで合計3台のEV車が発売されます。 2023年1月から

BYDシール

日本で徐々に発売される電気自動車は次のとおりです。

  • BYD Atto 3 –スポーティな中型SUV。 詳細はこちら
  • BYDドルフィン-ホンダジャズのサイズのハッチバックについては、こちらをご覧ください。
  • BYDシール-豪華に見えるセダンスタイルの車。

現在、電気自動車は日本市場のわずか1%を占めています。 日本政府は、2035年までに日本で販売される自動車が電気自動車になることを目指しています。 または少なくとも1台のプラグインハイブリッド車

BYD Atto 3

一方、ホンダやトヨタなどの日本の自動車メーカーは、独自の電気自動車の開発に取り組んでいます。 たとえば、トヨタは最近、最初の電気自動車であるbZ4Xを発売しましたが、テスラやフォルクスワーゲンなどの欧米の自動車メーカーは日本の自動車メーカーの電気自動車を採用しています。 すでに市場に参入しています。 。

もう1つの中国の自動車メーカーである中国第一汽車集団は、すでに日本にショールームを設置しています。 そして、今後数ヶ月でEVのより高価なバージョンを発売する計画があります。

BYDブランドは、幅広い価格帯で幅広い車種を取り揃えていることで際立っています。 日本向けの低価格車から中価格車まで同社の目標は、より手頃な価格のモデルを販売することで売上を伸ばすことです。 このセグメントを専門とする他の中国の電気自動車メーカーと競争する。

BYDは、70を超える国と地域で電気自動車と電気バスを販売しています。 2021年までに、約60万台の新エネルギー車(電気自動車とプラグインハイブリッド車)が販売され、中国での販売の90%以上を占めています。

BYDドルフィン

2022年上半期の売上高は、前年同期比で3倍以上になりました。 BYDの販売台数は約64万台で、中国だけでなく世界中でよく知られています。

ソース – 日経アジア

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です