Chitta Wealth:アジアの株式市場は依然として堅調です世界経済の状況は依然として暗いです。

TrawutLuangsomboonの最高経営責任者であるChittaWealthAsset Management Company Limited(AMAM)は、世界中の株式市場が依然として下降傾向にあるというプレッシャーにさらされている2022年下半期の投資の方向性を明らかにしました。 全体として、世界経済は引き続き減速しています。 投資家はボラティリティに直面しています。 上半期から続く米国の株式市場は、NASDAQ指数、S&P500指数など、20%以上のマイナス指数ですでに弱気市場に参入しており、連邦準備制度(FRB)のように弱気市場は2023年まで続くと予想されています。インフレを引っ張るために2022年に利上げを加速する。 今年末までには目標レベルに達している。 しかし、クマ市場と不況は24ヶ月を超えて続くことはないと考えられています。

しかし、減速傾向にあり景気後退に陥る可能性のある米国経済とFRBの金融政策が他の株式市場に影響を与えたとしても。 必然的にしかし、アジアの株式市場は変動が少なく、投資家の目には依然として際立っており、西側の株式市場の不確実性を回避するために、中国、ベトナム、日本を中心に、投資がより積極的な投資にシフトしている兆候が見られ始めています。不確実性、不安定な経済、そして景気後退の傾向。 中国の株式市場は2021年以来継続的な圧力に直面しています。株価は下落しています。 中国の株式が1年以上ネガティブなニュースにさらされてきたため、2022年に比較的安くなるまで。 強気の傾向があるベトナムの株式市場は2020年から2021年の期間に目覚ましいパフォーマンスを記録しましたが、VNIインデックスは4回連続で最高値に達したため、ベトナムの株式市場は2022年に修正される可能性があります。

トラウト氏は、チッタ・ウェルス以外には誰も見たことのない利益を上げる機会を提供する別の株式市場は日本の株式市場であると述べた。 会社の質と投資家にとって注目に値する成長の機会は、日本経済が改善する傾向にあることを見逃してはなりません。 国内消費と観光日本もまた、現金と預金の形で家計貯蓄の55%のシェアを持っていますが、米国ではわずか16%であり、これは金融システムの高い流動性を反映しています。 日本の消費はGDPの74.5%、米国の82%、日本の家計貯蓄は55%を占めています。最近、同社はプライベートエクイティファンドであるJittaRankingJapanを立ち上げました。

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。