CV は、2065 年第 4 四半期に 19.8MW コミュニティ発電所の PPA に署名する予定である – ベトナムでの木質ペレット生産の増加 : InfoQuest

Setthasiri Saksittiserikul 氏最高経営責任者 Clover Power Public Company Limited (CV) は、65 年下半期の運用計画を明らかにし、同社は事業戦略を追求しています。 3つの事業グループ、すなわち1.発電および配電事業によって推進される継続的な成長を拡大するために、現在、エネルギー規制委員会との総容量19.8メガワットのコミュニティ発電所の3つのプロジェクトの電力購入契約(PPA)を待っています。 (ERC)は第4四半期に署名される予定です。 日本の宮崎発電所は、合計容量が 20 メガワットの 2 つの発電所であり、2023 年第 2 四半期に建設を開始し、政府のコミュニティ発電所オークションに参加する準備を整える予定です。そのような投資のための資本

2. エンジニアリング事業 (EPC トルコ) は、新しいプロジェクトの建設のための契約を締結する準備を進めています。同社は、一般建設 (一般建設) の活動とプレハブ建設 (MODULAR) の活動にサービスの範囲を拡大した後、近い将来に契約を締結する必要があります。

3. 当社がベトナムにおけるバイオマスペレット製造事業への投資を拡大してきた再生可能エネルギー関連事業(発電所支援)。 1965年8月から収益を認識し始める将来的に成長の可能性がある企業の1つであり、CVは木質ペレットの生産能力を月8,000トン以上から月12,000トンに拡大する計画であり、これは予想される来年初めに完成予定で、進行中です。 将来のニーズを満たすためのパートナーとの新しいペレット木材生産工場の拡張

2022 年第 2 四半期 (4 月から 6 月) の営業成績では、同社の総収益は 3 億 6,680 万バーツで、前年同期比 10.6% 増で、総売上高は 3 億 3,160 万バーツでした。 収益は 2 億 380 万バーツで、7.1% 増加し、電力販売による総収益は 1 億 2380 万バーツで、前年同期と比べて安定しています。 一方、親会社に帰属する純利益は 1,980 万バーツで、前年同期の 1,640 万バーツと比較して 20% の増加となりました。これは、サバヨイ バイオマス プラント「ルンティワ」の株式の過去最高の売却益によるものです。 Bai Omas」プラントの生産能力は 9.9 メガワットで、2,000 万バーツに相当します。

65年上半期(1月~6月)の営業成績は総収入9億8,310万バーツを記録し、前年同期比40.8%増の6億9,770万バーツを割った。エンジニアリング事業の収入は 5 億 7,400 万バーツで、42% 以上の成長を示しています。 現在、1,757 百万バーツのオーダーブックがあります。 今年は徐々に収入の50%を認識する必要があります。 電力は 2 億 7,400 万バーツの収益を生み出し、前年同期と比較して 4% 増加しました。 新しいビジネス収益を認識する準備ができています ベトナムでのバイオマスペレット生産活動は、9,040 万バーツ以上の収益を生み出しています。

上半期の親会社に帰属する純利益は 3,470 万バーツで、前年同期から 19% 減少し、純利益は 4,310 万バーツでした。 機械とサービスの販売による利益は 40.8% 以上増加しますが、比較的高いガス コストの影響により引き続き圧迫され、CV はサラブリの複合サイクル発電所 (SPP) での生産を停止せざるを得なくなります。 その結果、発電および配電事業からの利益が減少し、さらに、グループの事業拡大をサポートするための追加の商業および管理費が発生しました。 ベトナム等でのバイオマスペレット燃料製造事業への投資に関するコンサルタント費用を含む。

InfoQuest News Agency (11 Aug 65)

タグ: 履歴書, タイ株式, Setthasiri Saksittiserikul, クローバー パワー, 発電所

Nakao Momoe

「フリーランスのベーコン愛好家。音楽愛好家。起業家。ワナビーアルコールオタク。学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。