KASIKORNBANKは、5月の輸出資金の流れを監視しながらオンラインを維持するために1,535株を招待します-Hoonsmart

HoonSmart.com >> KASIKORNBANKは来週、株式が1,545ポイントと1,535ポイントでサポートされ、抵抗が1,570ポイントと1,580ポイントで、外資の方向性に注目していると予想しています。 5月の輸出数バーツカシコン銀行は、米ドルあたり34.80バーツから35.70バーツの変動枠を見ています。 35.28バーツで5年3ヶ月で最低水準に達した後

カシコン証券会社来週(6月20日〜24日)の株価指数は、1,545ポイントと1,535ポイントでサポートされ、レジスタンスはそれぞれ1,570ポイントと1,580ポイントである。

カシコンリサーチセンターは、監視する必要のある重要な要素、つまりCOVID-19の状況を評価します。 ロシアとウクライナの間の緊迫した状況を含む外資の方向性。

重要な米国の経済データは、5月の新築住宅販売と中古住宅販売です。 6月のPMI(暫定版)毎週の失業中の請求数。その他の外国の要因には、ユーロ圏と日本からの6月のPMI(暫定版)が含まれます。 中国のLPRローン金利の決定を含む5月の日本のインフレ率

6月17日金曜日、SET指数は前週から4.49%下がった1,559.39ポイントで取引を終えました。 1日の平均取引額は80,922.40百万バーツで、27.09%増加しましたが、5月の指数は6.25%減少し、602.59ポイントで取引を終えました。

株式市場は、国際株式市場の方向性に続いて、週の初めから急激に下落しました。 連邦準備制度理事会が金利を急上昇させるのではないかという懸念の中で、最新のインフレ率が40年以上で過去最高を記録した後、週のFRBの会合の結果は市場の期待と一致しています。 FRBは金利を0.75%(28年間で最大の利上げ)引き上げて1.50-1.75%にしました。 タイを含むこれは多くのセクターで大型株の売却につながりました。 特にエネルギー、技術、金融

来週(6月20〜24日)のバーツについては、カシコン銀行は1米ドルあたり34.80〜35.70バーツの動きの範囲を見ています。 一方、カシコン研究センターは、監視が必要な重要な要素、すなわち外国からの資金提供の方向性を評価します。 とメイタイのものの輸出数

バーツは1ドル35.28バーツで5年3ヶ月で最低水準に達した。 米連邦準備制度理事会が主導するいくつかの主要中央銀行によるインフレ抑制のための金融引き締めの兆候の中で、バーツはほとんどの地域通貨に沿って弱まりました。 イングランド銀行とスイス中央銀行さらに、タイの株式と債券に対する外国人投資家のネットショートポジションからバーツがさらに圧力を受けています。

ドルでさえ、FRBの会合後、いくらかの利益を得ることに直面することに注意する必要がありますが、バーツは週末まで下落し続けました。 連邦準備制度理事会が金利をさらに0.50%、または0.75%引き上げる可能性があることを示し続けているため、7月の会合まで続いています。 一方、タイの利上げは依然としてFRBに遅れをとるでしょう。 MPC委員会のメンバーは、現在、タイの政策金利を議論するためのMPCの特別会合はなかったと述べた。 そして次のMPC会議はまだ8月です。 それは正常です

2022年6月17日金曜日、バーツは1ドルあたり35.20バーツで引けました。 先週の金曜日(6月10日)は1米ドルあたり34.76バーツでしたが、6月13日から17日の間に、外国人投資家はNETステータスを流出させながらタイの株式を123億2800万バーツで売却し、債券市場は13,459百万バーツになりました( 91億5400万バーツで、4,305百万バーツの債券が売却された。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。