KASIKORNBANKは、6つのパートナーと協力して、サイアムスクエア地区にKLOUDビルを建設します。一般の方は無料でご利用いただけます。

KBankはベトナム-インドビジネスを推進し、6つのパートナーと協力して、サイアムスクエアエリアにKLOUDビルを建設します。パブリックは無料で使用できます。

KasikornBankのマネージングディレクターであるKattiyaIndaravichai氏は、アジアが影響を受け、景気後退を経験する可能性があり、それが改善されていない世界的な景気後退のリスクを明らかにしました。 タイ側では、国が開放され始めています。 そして観光部門はもっと刺激的かもしれません。 今、アジアやその周辺の他の国々にとっては、GDPはまだ成長しており、一部の国はタイよりも急速に成長しているため、それはまだ良いと思います。外国でビジネスを行う銀行の顧客はすべて大企業であり、すでにリスクを知っていると信じています。リスクを軽減する方法が必要です。 さらに、各国には異なる経済的リスクがあります。 誰もがリスクを防ぐための対策を講じていると信じています

さらに、投資を拡大している周辺国への投資については、まだすべての可能性があります。 アクティビティを続行する必要があります。 そして、カシコンは投資をやめません。 カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、中国、日本など、CLMV地域または大メコン圏(GMS)のASEAN諸国。 KASIKORNBANKは、来年8月にベトナムにカシコン銀行の新しい支店を開設するための準備に加えて、いくつかの投資を行いました。

同時に、カシコンはすでにベトナムで優勝していますが。 そして、インドネシアで組織を完全に発展させます。 今、利用可能なものの効果をより大規模に拡大することが重要な問題です。 インドネシアは経済が大きく、デジタル化が進んでいる国であり、この国には多くの新興企業が存在するため、これはカシコン銀行が優れたパートナーと協力して投資する機会です。 さらに、KASIKORNBANKはPT Bank Maspion Indonesia Tbkと共同株式を保有しており、その株式保有を拡大しています。 その間、カシコンのタイチームはすでにマスピアンと協力しています。 したがって、今後も投資を継続していくことが見込まれます。

「ミャンマーは投資をさらに拡大したかったからです。 しかし、国の状況が明らかになるまで延期されました。 危険度の高い地域で働く従業員の安全のため、この時間帯に立ち入る準備はできていません。 カシコン銀行はまだ他の計画を調整していません。 今日、タイ人はもっと注意する方法を知っているからです。 covidを含め、風土病に分類されています。 人々は一緒に暮らす方法を知っていることが期待されており、それは大きな障害にはなりません」とカティヤさんは言いました。

Kattiya氏は、サイアムスクエアの中心部にあるKLOUD by KBankの建物のオープンと、創造的な生活をつなぐ建物の機能について、テクノロジーとイノベーションの力を活用し、新しい世代のためにYOURNiVERSEを作成するというアイデアを刺激すると述べました。スペースを使って無料で知識を交換してください。 チュラロンコン大学チュラ資産管理事務所、PTTグローバルケミカルパブリックカンパニーリミテッド、SCGセメント建材事業、アドバンストインフォサービスパブリックカンパニーリミテッド、温室効果ガス管理機構の6つの主要パートナーから協力を受けました。 (公的機関)

さらに、この地域は中小企業も支​​援しています。 より多くのビジネスチャンスがあります銀行は、通行人の注意を引くためのハイライトとして、建物の前にある3Dスクリーンを使用します。 自社の製品やサービスを紹介するスペースを確保するために、広告メディアを購入する力がない店舗の認知度を高めるのに役立ちます。販売のチャンスをさらに増やします。 これは、コミュニティを支援するためにリソースを使用するという世銀のコミットメントを反映しています。 環境への配慮と持続可能な経済成長の促進

KLOUD by KBankプロジェクトでは、プロトタイプの緑地である革新的な象徴的なグリーンビルディングとして作成されました。 環境にやさしい建物管理システムを備えたサイアムスクエア初完全なリサイクルを実現し、埋め立てへの廃棄物をゼロにすることは、建物から埋め立てへの廃棄物をゼロにすることです。 同時に、建物内の機能面で、それを使用する人々に完全な快適さを提供します。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。