Kru Nueng Chatchai、Sutpluemがワールドクラスのボクシングを主催、NarisがPetchkosolをサポート-Petchsuriyat Japan

Kru Nueng Chatchai、Sutpluemがワールドクラスのボクシングを主催、NarisがPetchkosolをサポート-Petchsuriyat Japan

6月19日ロイヤルタイ空軍ユースボクシングスタジアム(トゥパテミ)「クルヌエン」チャッチャイササクル、元世界ボクシング評議会のチャンピオンであり、世界ボクシング評議会の最高のトレーナーは、世界の王位に昇進するための国際ボクシングプログラムを組織します。ササクルザスターボクシングファイト、マッチ2 “、ペッチスリヤットグリーンスダシンワンチャ、アジアボクシング連盟(ABF)チャンピオンシップを擁護。「パパミー」マノップヤマトゥアムの指導の下で作成されたボクシングスクールのチャンピオン、ウォントダンツインスペシャルで最小重量105ポンド。 試合終了後、ペッチスリヤが第3ラウンドで勝利。 所要時間00.25分

先生は、このボクシングイベントは成功と見なされたと述べました。 彼はボクシングイベントを主催していて、彼が本当にそれを主催するつもりであることをみんなに知らせているからです。 負傷者が出たとしても、タイのボクサーを世界の舞台で宣伝したいです。 メインの大人またはスポンサーがそれを見た場合、彼らは国際的なボクシング業界にもう少しサポートを提供することができます。 そして、カオサイ・ギャラクシー、シリモンコン・シンワンチャが率いるタイの世界チャンピオンヒーローチーム、ナリス・シンワンチャ、ソムチャイ・プールサワット氏、プロモーター・チュン・キアトペットなど、多くの人々がお互いをサポートしてくれてうれしいです。 スタジアムで何百人もの人々を見るために、そしてササクルボクシングジムのページにはたくさんの人々が見に来ました。

ABFを含む多くのボクシング組織の会長であり、タイの世界チャンピオンヒーローズクラブの創設者であるナリス氏は、クルヌエンがボクシングを非常にうまく組織していることを明らかにしました。 たくさんの楽しみをつなぎ合わせてパンチします。 ノックアウト、CPF、世界ボクシング協会スーパーチャンピオンなどの多くの色があります。 多くの機関の副世界チャンピオンであるPetchkosolGreensudaSingwangchaとのウォーミングアップの戦い、Petchsurinは良い戦いであり、12回の戦い(12回のノックアウトで勝利)の勝利フォームを作成し、別の明るい未来のボクサーと見なされます。 この点で、「2人の兄弟」ペッチコソルとペッチスリヤットは来年8月に日本で戦う予定です。 彼は完全な拍手とサポートを与える準備ができていました。 その国の評判を築くために最善を尽くしてください。

ペッチコソルとペッチスリン、チャチャイササクンの作成計画にあるボクサー、「プムウルフ関西」プムコソルセットとスリヤンソルルンビサイ、元世界ボクシング評議会の世界チャンピオンであり、プッシュを国際産業に押し込む準備ができている現在世界ボクシング協会で11番目のランナーであるペッチコソルが日本で戦うスケジュールは、次の世界選手権、ペッチの場所を獲得するために、8月11日に元世界チャンピオン、世界ボクシング評議会、軽いフライウェイト、日本人の矢吹に会います現在世界ボクシング協会で9番目のランナーであるスリンは、8月7日に日本の新星と戦う予定です。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です