MCSは、新しい契約の締結について交渉を続けています。 オーダーブックは5年前に保管してください。

#MCS#Tunhun-MCSは30年目を迎え、日本の10社でSクラス1構造用鋼のリーダーになりました。 成長の新しいサイクルをサポートするためにビッグオーダー取引を成立させるためにゲームをプレイする準備ができています経営陣は、30年の持続可能な成長のビジョンを持って、少なくとも次の5年間の成長をサポートするのに十分なバックログを構築することに自信を持っています。 人材育成を加速するイノベーションテクノロジーをもたらし、新しいSカーブ業界の企業をサポートします

MCS Steel Public Company Limited(MCS)の会長兼CEOであるNaiyuan Shi博士は、同社が鉄骨構造物の製造および流通業界のリーダーとして30周年を迎えた際に、Big Size Steel(Structure Steel Fabrication)は、多くの追加プロジェクトに署名するための交渉を加速することにより、新しい成長目標を設定しました。 最近、彼は8つの新しい生産プロジェクトの契約を結び、契約の可能性が高いはずの新しいプロジェクトの交渉を進めています。 そして、今後5年間で徐々に配達されるオーダーブックは、合計26万トンを超え、新しい成長サイクルに十分なオーダーブックのかなりの部分を占めています。 同時に、利益率の高い新たな雇用に対応するために生産効率を高め、生産能力の増強に向けて準備を進めています。 確かに、日本の高層ビルのトレンドは、今後5年間で加速し、日本のトップ10の専門企業における同社のリーダーシップの恩恵を受けると予想されています。 したがって、新しいプロジェクトが継続的に到着すると考えられています。

「MCSは30年目で、現在31年目を迎えています。会社の成長は絶え間ない発展によって推進されています。これによりMCSは、署名された各プロジェクトに対するパートナーの信頼を築くことができます。ビジネスの持続可能性の向上これまでに開発した技術、人材、イノベーションの多くの側面の開発を加速する必要があります。これには、「管理の中心となる戦争室の設置が含まれます。これにより、クライアントは即座に永続的になります。プロジェクト情報とステータスへのアクセス。3Dプログラム(3D)を使用してドキュメント(ペーパーレス)の使用を回避し、技術者が作業を視覚化できるようにすることで、すべての従業員がタブレットを介して情報を送信できるようにすることで、コンピューターシステムを使用した人員と技術の開発を含みます。図面で作品の全体像をより明確に見るためのプロジェクトのs。 将来的に追加される新しい仕事をサポートします。MCSの鉄骨構造事業が新しいSカーブに参入するための開発を継続します。これにより、将来の飛躍的な成長に役立ちます」とNaiyuanChi博士は述べています。

スワンナブミ空港、サイアムパラゴンモール、OH-1プロジェクト、三井物産株式会社、日本で世界的に有名なカヌーの1つであるLTD本社など、30年間にわたって評判を築き、同社に認められてきたプロジェクト商業企業、羽田空港日本では、東京中心部にある36階建ての建物であるキオイチョプロジェクトは、ホテル、レストラン、有名なショッピングモールなどの施設のハブであり、最近では、東京で最も高いビルである虎ノ門麻布台プロジェクトもあります。 世界中の建物や都市を評価する米国グリーンビルディング評議会(USGBC)によるND.LEED評価。

事業の開始MCSSteelPublic Company Limitedは、1992年6月9日に設立され、登録資本金はわずか1,500万バーツでした。 当初、同社は建物用の一般的な鉄骨構造の製造を目指していました。 その後、1995年に大型鉄骨構造事業で初めて日本に事業を拡大し、これまで多くの日本企業に受け入れられてきました。 投資家の信頼を支え、会社を安定したステージに導きます。2022年は30周年であり、会社がさらなる成長に向けて努力する準備ができた年のもう1つのマイルストーンです。 新しいSカーブ業界でビジネスを推進するためのテクノロジーの使用における持続的な成長

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。