NBTCのモデルは、TRUEとDTACの間の企業合併を分析します。 なぜそれは現実を反映していないのですか?



TRUEとDTACの企業合併を分析するNBTCモデルが現実を反映していないのはなぜですか?

両方のサービス料を高くすることは不可能です。 市場のプレーヤー数を含め、NBTCによって制御される価格上限があるため、常にNTとMVNOが存在します。

助教Dr.PornphawitBoonsrimuang 研究および学術サービス担当副学部長
工業技術学部スワンスナンダラジャバート大学

NBTCの調査によると、携帯電話サービスの価格は、NBTCによって設定された価格上限を超えているため、TRUEとDTACの合併後に上昇することは不可能です。

放送委員会によると、テレビ会社と国家電気通信委員会(NBTC)は、合併と価格上昇圧力(UPP)および一般均衡のシミュレーションモデルを使用して、TRUEとDTAC間の企業統合の経済的影響に関する調査結果を発表しました。 (CGEモデル)。 )は、合併後、電話を切ることがなければ、3人のオペレーターの1分あたりの音声電話料金は平均10.79パーセント増加すると述べた。 サービス料は平均して元の価格から202.30%に増加します。

しかし、事実を考えると、これは完全に不可能であることが判明しました。 2019年に国内の携帯電話サービスの料金体系の決定と監督に関するNBTCの発表により、音声携帯電話のサービス料金は1分あたり60サタンを超えてはなりません。 現在、モバイル音声サービスの平均レートは1分あたり55サタンです。 これは、1分あたり5サタン、つまり現在の価格自体の約9.76%で上限価格を下回っています。 つまり、サービス料は現在の価格から9.76%以上引き上げることはできません。


結論として、TRUEとDTACの合併後、携帯電話サービスの価格はNBTCの調査結果に従って上昇します。 NBTCが価格上限率を下げるものでない限り。 サービス料は高くなるかどうか。 合併だけでなく、社会的要因、コスト要因など多くの要因が原因であるため、NBTC調査の結果はまだ完成していないと言えます。 経済協力開発機構(OECD)に提出された合併後の電気通信サービスの価格に関する調査研究の結果は10である。アナリストの半数は、合併後にサービス料金が上昇したことを発見した。 しかし、調査の残りの半分では、合併後の価格の上昇は見られませんでした。 したがって、合併により価格が上昇するかどうかは判断できません。 しかしその逆もまた同様であるが、総投資に対する市場集中の影響に関する調査研究は、それを組み合わせると、産業と企業の両方への投資が増加することを発見した。 技術の開発につながり、別の方法でサービスの品質を向上させる

  • NTを無視すると、評価が不正確になり、3人のプレーヤーだけではありませんでした。 NTの重要性を減らします

さらに、放送委員会のテレビ会社と全国電気通信委員会(NBTC)のTRUEとDTACの間の企業結合の経済的影響の調査結果は、業界のすべての市場プレーヤーを考慮していませんでした。携帯電話市場であろうとインターネットであろうと電気通信業界が優れていることはよく知られています。オペレーターはAIS、DTAC、TRUEだけでなく、他のNTやMVNOでもあり、これらはすべてNBTCレポートにリストされています。電気通信市場の状態。

これらのプレーヤーを無視すると、計算に直接影響します。 経済的影響予測サービス価格また、NT企業の潜在能力を最大限に発揮できるように開発を加速することも怠っています。
ただし、国営通信会社やNTは、他の民間企業に比べてシェアが小さい。 しかし、インフラストラクチャ、頻度、現金、および人的資源の面で準備ができています。 現在、MVNOモデルを使用したサービスモデルがまだあります。 NBTCは、NTの潜在力の活用を加速するために、NTの競争力を促進するための措置を講じるべきである。 競合これは、利用可能なリソースの割り当てが非効率的であることを意味します。 国に最大の利益をもたらさない日本の日本電信電話(NTT)やドイツのDeutsche Telecom AGなど、国営企業のグローバルな通信事業者のモデルは数多くあります。 競争力があることに加えて、グローバルマーケットリーダーになることもできます

要約すると、NBTCはすべてのプレーヤーを考慮していませんでした。 特に、NTは、その膨大なリソースと開発の可能性にもかかわらず、調査には含まれていませんでした。 これは、そのような研究の結果を信頼できないものにします。 また、国営航空会社として知られる企業が競争できるようにするためにNBTCが果たすべき役割についても疑問を投げかけています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です