One Asset Managementは、タイのトリガー株に投資し、本日から6月28日まで「ONE-TOP5MC」IPOを開始することを推奨しています。

ある資産運用会社は、今年のインデックス目標を1,700〜1,750ポイントと見ています。これは、市が観光業に開放されて回復するタイミングを見据えたものです。 小売業の改善傾向を反映して、ONE-TOP5TMオープンエンド型ファンドを提供する準備ができています。5か月のトリガーで、NAVレベルが1ユニットあたり10.53バーツのレベルに達したときにファンドを清算し、6月20日から28日まで売りに出されます。

ジェネラルマネージャー、PojHarinsut氏 ワンアセットマネジメント株式会社 同社は、2022年の指数が1,700〜1,750ポイントに達すると予想していることを明らかにしました。これは、主に国の景気回復のファンダメンタルズにより、現在の指数レベルである1,550〜1,650ポイントから約8〜12%上昇しています。 特に観光セクター外国人観光客は、日本、インド、米国、韓国、英国など、中国以外の国籍から著しく回復する傾向があり、これらの国々も国の再開と高い購買力の方針を持っています。 観光の価値と航空会社をサポートするのに役立ちます。

「今年の回復を考えると、タイの観光は流行前の同時期と比較して回復段階にあります。これからの期間に目覚ましい回復が見込まれることを反映しています。アジア、インド、ヨーロッパからの観光客に支えられています。今年タイに帰国する観光客の約8割。2022年初頭から徐々に観光客数は回復している。

今年の最初の4か月(1月から4月65日)の回復率は、流行前の同時期と比較して約9%でした。 これは、観光セクターの回復がまだ始まったばかりであることを示しています。 また、正常に戻るまでの将来の拡大の機会はまだまだたくさんあります。また、国を開放するという決定は、外国人患者の収入が大幅に回復するのを支援するのにも役立ちます。 これは、今年の下半期の病院グループにとってプラスの要因です」とPoj氏は述べています。

上記のプラス要因これにより、会社は回復の可能性を信じるようになりましたタイ証券取引所 経済活動の回復傾向は、国内消費を支えています。 これは流通グループにとってプラスの要因です。大型小売株は、年初来(YTD)以降の価格に対して良好な価格モメンタムを持ち、アナリストの見積もりに基づいて20%を超える例外的な上昇を示すはずです。 タイは今年下半期に政策金利を引き上げる。 引き上げられる可能性のある金利不良債権(NPL)の減少傾向と相まって、同社はこれを下半期においても銀行のセンチメントを支える要因と見ています。

景気回復要因と継続的な政府支援政策その結果、SET100指数(大きな値)が10%の大幅な上昇をもたらす可能性があることを考慮すると、同社はタイ株式市場が今後5か月で5%以上上昇すると予想しています。 、同社はタイの株式市場に投資する機会と見ています。 トリガーファンドであるワントップセレクションファンド5MC(ONE-TOP5MC)を6月20日から28日まで販売する準備が整いました。

ONE-TOP5MCファンドは、投資単価が自動的に償還される1株当たり10.53バーツ以上の場合に、ファンドの解散を条件として、5か月以内に5%のリターンを生み出すことを目指しています。 。 10.50バーツ以上でなければならず、管理会社は、ドラフトで指定されているように、投資ユニットを投資主から自動償還するために十分な現金または流動性のある商品を収集することができます。

ポット氏は、ONE-TOP5™ファンドの特徴は、タイの景気回復の恩恵を受けている国内株式への投資に焦点を当てると付け加えました。 上位5つのサンプルポートフォリオは、小売グループ、不動産グループ、銀行グループ、輸送グループ、および印刷メディアグループです。 それぞれ約21%、17%、14%、10%、10%の割合で。 さらに、タイ銀行(BOT)の貸付ガイドラインの緩和と政府の支援策により、今年は住宅需要と不動産開発および工業地域グループからの収入が回復すると考えており、今後5年間で回復すると考えています。数ヶ月間、ONE-TOP5™は期待通りの収益を生み出す機会があります。 将来の景気回復の見通しに対して

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。