PTTEPが炭素回収・貯留プロジェクトを研究タイ湾でのArthitプロジェクトが開始されました

  PTTEPパイロットは、温室効果ガス排出量をゼロにし、他の地域での開発の可能性を研究するという目標に向けて、タイ湾のArthitプロジェクトで炭素回収および貯留プロジェクトを研究および開発します。

PTT Exploration and Production Public Company Limited(PTTEP)のMontree Lawanchaikulマネージングディレクターは、タイが2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目標に、国連気候変動枠組条約(COP26)の締約国会議でその意向を発表したことを明らかにしました。 2065年までに正味の温室効果ガス排出量はゼロになります。

PTTEPは、温室効果ガスと地球温暖化問題の管理に参加することをお約束します。 したがって、ビジネス目標と運用計画が定義されました。 EP Net Zero 2050のコンセプトにより、2050年までに温室効果ガス排出量をゼロにすることは、石油生産プロセスからの温室効果ガス排出量を削減することです。 多くの国が他の技術よりも大気中への二酸化炭素排出を削減するための重要な技術であると考えている技術である炭素回収貯留(CCS)プロジェクトの開発に伴い。

PTTEPは、2021年にタイ湾のArthitプロジェクトでCCSプロジェクトの調査と開発を開始しました。これは、タイで最初のCCSプロジェクト開発イニシアチブです。 地下の岩層の炭素貯蔵容量の初期調査と評価のための実現可能性調査がこれで完了しました。 捕獲および封じ込めプロセスの設計面計画は、保管などのためにピットを掘削することです。 現在、FEED前の調査が行われています。 PTTEPは、2026年にArthitプロジェクトでCCSテクノロジーの使用を開始する予定です。

PTTEPは、石油探査および土木地質学および工学の知識と経験を、CCSプロジェクトのさらなる開発にも使用できると考えています。 当社の二酸化炭素排出量削減計画を達成するためにPTTEPがタイで初めて利用するArthitガス田でのCCSプロジェクトの開発に加えて、CCSプロジェクトの開発経験を持つパートナーとも協力してきました。日本。 さまざまな産業が二酸化炭素排出量を削減するのを支援するために、タイの他の地域でCCSを研究および開発します。

PTTグループの産業および近隣地域の産業からの温室効果ガス排出量を削減するためのPTTグループ内のコラボレーションであるCCSハブモデルプロジェクトの研究開発を含みます。 これらすべてを行うことは、正味ゼロの温室効果ガス排出というタイの目標を効果的にサポートするのに役立ちます。

ただし、CCSの成功は可能です。 政策、法律、投資促進要因、コミュニケーション、公教育など、その他の関連要素が必要です。 具体的な目標を掲げてタイでCCS技術の採用を推進し促進するためには、政府と多くの組織の両方による支援が必要です」とモントリ氏は述べています。

CCS開発プロジェクトは実施計画の1つです。 低炭素組織になり、将来的に持続可能な成長を生み出すためにエネルギー転換を支援するために、PTTEPはさまざまな再生可能エネルギープロジェクトにも関心を持っています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。