SSPは、7億1800万ドル相当の日本の太陽光発電所を売却する契約を結び、特別利益を記録する準備をし、あらゆる種類の再生可能エネルギー発電所に浸透するためのM&A戦略を推進します。

Sermsang Power Corporation Public Company Limited(SSP)のマネージングディレクターであるWarut Thamavaranukup氏は、同社が日本で日高太陽光発電所プロジェクトを約7億1800万バーツ相当の17メガワットのグループに売却する契約を締結したことを明らかにしました。日本の投資家。 同社は22年第2四半期に利益を直ちに認識し、その収益を使用して、2025年からの500メガワットの発電目標を達成するためにあらゆる形態の再生可能エネルギー(再生可能エネルギー)発電所への投資を増やす準備をします。

「この合意により、このプロジェクトへの投資に対して大きな見返りが得られました。 新規投資家は炭素排出量の削減を支援するクリーンエネルギー企業に焦点を合わせているため、利益の一部を日本の新しい発電所に再投資する予定です。 今年の終わりに開始する必要があります。 そして、現在進行中の他の多くのプロジェクトに投資する準備ができているのは資本です。

Warut氏は、過去にSSPはさまざまな再生可能エネルギー事業への投資を継続的に拡大してきたと述べました。 国内だけでなく海外だけの太陽光発電所だけでなく、収穫量を増やし、ビジネスリスクを分散させる機会を創出するために、同社は過去にバイオマス発電所に投資することに成功しました。 9.9メガワットの容量、48メガワットの容量のベトナムの風力発電プロジェクト、および25%の45メガワットの容量のウィンドチャイファーム

「明らかに、SSPの発電所ポートフォリオは太陽光発電所に限定されていません。過去1年間で、SSPをフルサービスの再生可能エネルギー発電所オペレーターとして確立し、投資を増やすことに成功しました。風力発電やバイオマスプロジェクトなどのプロジェクトを生み出し、このソーラーファームプロジェクトを売却して新しいプロジェクトを拡大するための資金を調達するこれまでグリーンフィールドのみを行っていたのとは異なり、この後、ビジネスの成長は明確に進展すると考えています。 。

SSPのマネージングディレクターは、現在、同社は堅実な財政状態にあると述べた。 今回の日本の植物の販売に加えて、それは資本基盤をより強くすることを奨励します。 風力エネルギーやバイオマスなどの新しいエネルギー源の割合を元の集中エネルギーから増やしながら、発電容量を500メガワットに倍増することを目標に、2025年までにあらゆる種類の再生可能エネルギー発電所ポートフォリオ拡張計画をサポートしますが、これは太陽エネルギーのみです。会社の全体的なパフォーマンスに貢献します。 安定した成長株主の皆様に良い利益をもたらす

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。