SSPは第2四半期の結果を送信し、日本のソーラーファームの売上で最大2億3000万バーツの利益を上げ、ニューハイの業績を支えています。 完全に再生可能な発電所に入る準備ができました

SSPは、22年第2四半期の力強い成長見通しを報告しました。これは、17MWの日本の太陽光発電所の売上高が2億3,000万バーツを超え、会社が設立されて以来、利益を新たな高水準に引き上げたことによるものです。 現金でいっぱい国内および海外の再生可能エネルギー発電所への投資を拡大し続ける準備ができています電力容量を67倍にして、新しい継続的な高性能をサポートすることを目指します。 稼働する準備ができている完全な風力発電所

Sermsang Power Corporation Public Company Limited(SSP)のWarut Thamavaranukupマネージングディレクターは、22年第2四半期の業績見通しが継続的に最高値に達すると予想されることを明らかにしました。 これは、日本の17MW日高ソーラーファームの売却によって支えられました。 これにより、すべての発電所の四半期ごとの完全承認を含め、22年第2四半期の利益は2億3000万バーツになります。その結果、21年第2四半期の業績は、会社が設立されて以来、新記録を打ち立てました。

「これまで、SSPは投資拡大戦略を調整してきました。 収入源を増やす私たちはグリーンフィールド発電所やソーラーファームの運営者だけではないことを強調します。 しかし、私たちは合併や買収を通じて、そしてブラウンフィールド発電所、すなわちバイオマス発電所に投資することによって、完全に再生可能な発電所(再生可能)に向かって進んでいます。 容量は9.9メガワット、ウィンドチャイファームは容量が45メガワットで25%の割合で、これらはすべて過去1年間に当社が成功裏に投資したプロジェクトです。再生可能エネルギープラント事業。 これは、発電所に投資することで付加価値を生み出すことができます。

一方、過去1Q12のグループの業績は、会社設立以来、最高の収益と利益を生み出すことができました。 総収入は8億6,170万バーツで、前年同期比3億6,070万バーツ(72%)増加しました。 純利益は2億9,480万バーツで、前年同期比1億1,170万バーツ(61%)増加しました。 一方、利息、税金、減価償却費および償却前利益(EBITDA)は6億8,840万バーツで、前年同期から2億7,510万バーツ増加しました。

「2012年第1四半期の目覚ましい利益成長は、9.9メガワットの容量のバイオマス発電所プロジェクト、日本のLEO 1太陽光発電所プロジェクト、26メガワットの容量、ベトナムの48メガワットの風力発電所プロジェクト、およびWindchaiFarmからの収益の認識に支えられています。 25%の割合で45メガワットの容量、これらはすべて会社の成功したプロジェクトです

SSPの総支配人は、2022年の事業計画について、同社は再生可能エネルギー発電所への投資を増やし続けていると述べました。 生産量をさらに増やす22メガワットの容量を持つ日本のLEO2太陽光発電所プロジェクトへの投資、2024年第2四半期の商用システム電源(COD)の準備、風力発電所(Wind Farm)への投資)ベトナムで大規模まもなく発表されるエネルギー開発計画によると、同社は現在の228メガワットの容量から2025年までに容量を500メガワットに倍増することを目指しています。

Anno Naoki

「どこにでもいる動物の友達。コーヒー好き。ソーシャルメディアの忍者。フリーランスのウェブエキスパート。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です