プロジェクトも中盤! 「マノ」は、「ウォー エレファンツ」がハーフタイムでうまくプレーし、「イエロー タイガース」に負けたと指摘した

プロジェクトも中盤! 「マノ」は、「ウォー エレファンツ」がハーフタイムでうまくプレーし、「イエロー タイガース」に負けたと指摘した

タイのサッカー代表チーム「Chang Suek」が悲嘆に暮れた後、「Yellow Tigers」マレーシアにペナルティで敗れ、第 48 回「King’s Cup」サッカー試合の決勝で敗れる

タイ代表チームのヘッドコーチであるマノ・ポーキングは、すべてのサッカーファンに謝罪しなければならないと述べた。 PK戦までの90分間、ファンの声援を受けながらホームで戦いました。 we play hard 力を合わせよう 選手を決めるのは彼だから、全責任を負う。

ブラジル人のヘッドコーチは、両チームがハーフタイムでうまくプレーしたので、90分の結果は適切だったと付け加えた. マレーシアは前半に良いプレーをした。 でも、後半はチームを改善しなければなりません。 ゲームプランを変更すると、後半にうまく機能するようになりました。 90分ずっといいプレーをしたり、後半の展開が早かったり。 このような結果にはならないかもしれません。

「しかし、この試合では、タイが良い未来を持っているという利点が見られました。たとえば、スパナト・メアドは後半に倒れ、素晴らしい仕事をしました。」

試合開始 15 分で ‘J’ Chanathip Songkrasin の交代について記者団に尋ねられたとき、マノは、チームにとってチャナティップがいかに重要であるかを知っていると語った。 でもまずは守りたい。 軽傷のようですので、再度検査が必要ですが、大切なことは、チャナティップには最高の体調で日本に戻ってきてほしいということです。

3位決定戦のトリニダード・トバゴ戦についても、真野選手は全力で戦うと語った。 どの試合も全力で戦います 3度目の決勝戦は嫌でも、応援に来てくださるファンのために3位を目指して頑張らなければなりません。

「初戦を見れば、トリニダードとタジキスタンは良いチームだ。トリニダードの体はフィジカルが強い。多くのチャンスを作ってゴールを奪う。チームはテープを持ち帰り、再び計画を分析して勝つ」 3位」とタイ代表監督は締めくくった。

9 月 25 日の番組では、1 戦 3 位決定戦が行われ、午後 5 時 30 分にタイ代表がトリニダード・トバゴと対戦し、午後 8 時 30 分に決勝のマレーシアがタジキスタンと対戦します。

Tamashiro Masumi

「ゾンビ学者。不屈のツイッター実践者。献身的な思想家。読者。一般的な主催者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。