専門家は、日本は必要に応じていつでも外国為替市場に介入する準備ができていると言う: InfoQuest

元財務省通貨局長の山崎達夫氏は、日本は必要に応じていつでも外国為替(FX)市場に介入する準備ができていることを明らかにした。 そして、円をサポートするためにアメリカの承認を待つ必要はありません。

山崎氏はブルームバーグ・ニュースに対し、「先週の為替レートの修正により、当局はいつでも介入できるようになった。彼らが市場に介入しても、私は驚かないだろう.

山崎氏は先週、外国為替市場の為替レートを監視するために日本銀行 (BOJ) からの電話を引用した. この動きは、当局による直接売買の合図となる場合があります。 そして、それは投機家にとって大きな思い出のようなものです.

山崎氏は、2003 年から 2004 年初頭にかけて 35 兆円規模の外国為替市場への干渉に関与した後、2014 年に日本の財務省で外国為替の責任者に就任し、その後、神田正人氏に率いられたと語った。 山崎の右腕。

ブルームバーグ ニュースは、今後数日間で円のボラティリティーが高まると予想していると報じました。 連邦準備制度理事会 (FRB) およびその他の中央銀行が金利を引き上げる場合、日銀は金利を最低水準に維持する必要があります。

InfoQuest News Agency (1965 年 9 月 21 日)

タグ: 日本, 山崎達夫, 為替レート

Yamauchi Haruki

「フードプラクティショナー。情熱的な音楽ファン。認定された問題解決者。コミュニケーターになりたい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。